Skier's High-High
サンタバーバラから帰ってきました!
しばらくはリハビリ中・・・。
人気の高かった過去の記事へのリンク集を作りました!


k2hikoさんとスマシカオさんのブログ記事にリンク開始!!!






S氏より2007シーズンのオガサカ試乗レポートが届きました!
先日のオガサカキャンプに参加した際に試乗したそうです。
レポートは2日ほど前に届いていたようですが、
公私共に忙しく、UPするのが遅れてしまいました。
レポートを送ってくれたS氏、S氏レポートを心待ちにしている読者の方々、
申し訳ございません。

さて、今回のオガサカ試乗会は、
k2hikoさんの雪だるま暦でも扱われています。
なぜなら、k2hikoさんもS氏も一緒にオガサカキャンプに参加していたから。
僕が言うのも何なんですが、
お二人の滑りは結構質が違うので、
(どう違うかは、きっとS氏が分析のコメントを残してくれるでしょう。)
k2hikoさんのブログのレポート内容も比較してみると面白いかもしれません。

あ、k2hikoさんのブログにTBしておこうっと。



---S氏レポート---

2007シーズンモデルオガサカ試乗会レポート

さて.先日熊の湯レポートをお送りしましたが,何しに
行ったかというと,オガサカキャンプに参加してきたんです.

オガサカキャンプは,オガサカの板を試乗しつつ,オガサカ
チームのトップ選手にスキーを教えてもらえるという,
一粒で2度おいしいキャンプです.

ということで,いろんな種類のオガサカの板を試乗してきたので,
今回は試乗レポート.
このキャンプには,雪だるま暦(TBを入れたほうがいいのかな?)の
k2hiko先生と一緒に行ったので,内容がかなりかぶってます.
あちゃー,って感じです.
…もし,k2hiko先生のコメントとぜんぜん違う,と思われたら,
k2hiko先生の方を参考にしてくださいね…(かなり弱気).

一応,ここで言っておくと,雪質は春の雪でかなり緩んでおり,
固い板を撓ませるのは難しい状況であったこと,また,テスターは
指導員資格もテク・クラも持っていない純粋なレジャースキーヤーで
あること,の2点を考慮に入れて読んでいただけるとありがたいです.
私が良いといっている板でも皆さんにはあわないかもしれませんし,
私がイマイチと言っている板でも皆さんは「すごくいい」と思うか
もしれません.
あくまで,いちレジャースキーヤーがドボドボの春雪の中で
感じたフィーリングという程度で参考にしてください.

ということで,試乗レポートどうぞ~.

ずらーっと並ぶ試乗板




-----
Keo's TE 175cm

この板は,3月の試乗会でも乗りましたが,オガサカのイチオシ
ですのでもう一回乗ってみました.
オールラウンドの基礎板.Rも16mと,ロングもショートもそこそこ
行ける設定です.
来シーズンのオガサカの板の,
Keo's TE, TH
Unity TD-1, TD-2
の4種類はサイドカーブが113-70-103と全く同じです.
このうち,Keo'sの2種類は1本エッジ,Unityの2種類はエッジの
10cmごとくらいに切れ目を入れて撓みやすくしたネオフレックス
エッジを採用しており,
さらにTEとTD-1はメタル入り,THとTD-2はグラスファイバのみ
という違いがあります.
ということで,この4種類のシリーズの中,シームレスエッジ&
メタルという最も強い組み合わせになるのがTEです.

エッジが食いついてぐぐぐっと切れ込んでいく板ではありません.
エッジグリップはあくまでマイルド.
しかも,フレックスが結構固めなので,撓みで回転弧をコントロール
する板でもないのかなぁ,という感じです.
自分で板をしっかり動かして,自分から板をコントロールして
行く板です.
逆に,それだけぶんオートマチックな板のエッジに乗せられて
しまう滑りではなく,あくまで「自分の意思で板を動かせる」
板でもあるといえます.
指導者なんかにはいい板でしょうか.でも,あまりにも素直
すぎて,面白みという観点から言えばインパクトに欠けますが….


Triun S 155cm

スラローム用の競技板.
荒れた春雪で,ちょっと155cmは短すぎました.
板がきょろきょろしてしまい,安定感が不足でした.
雪が軟らかかったので板のたわみも出しにくく,もう少し
固いバーンで履いて評価したいな,ということで1本滑った
だけで終了.


Triun S 165cm

で,次の日に長さを変えて165cmを履いてみました.
評価は一転.
すごくいい板です.
今履いている3Vだと,トップのエッジが引っかかって,
板のトップが強引に内側に入ってくる感じですが,この板は
板のエッジが全体に均一にグリップして,板全体できれいに
丸い弧を描きつつ回転弧が描ける感じ.
さらに,トップが強引に入ってくるわけでないので
コントロール性が高く,ターンが詰まってしまうことも
なく,板がきれいに回り込んできます.
また,スラローム用だとテールに乗ると切れ上がりすぎる
板もありますが,この板はどこに乗っても大体同じ半径で
弧を描き続けるので,ターン後半に板が横を向きすぎる
こともなかったです.
去年のSよりコントローラビリティが上がった感じです.
逆にいえば,ぎゅいんぎゅいん回り込む板ではないという
ことですので,そのあたり好き嫌いはあるかもしれません.

しかし,板の長さ一つで評価がぜんぜん変わってしまう….
板を選ぶのは難しいと思いました.


Triun G 180cm

この板を履いたときは,ちと雪が荒れており,どうしようもなく
真っ直ぐ走ってしまう感じだったので,1本滑っただけでチェンジ.
足場がぼろぼろ崩れていくような軟雪では,本領が発揮できない
板ですね….
逆に言えば,この板1セットであらゆるシチュエーションに
対応しようというのは無理だということが分かりました.
(GS競技用1セットだけで全シチュエーションをこなそうと
いう酔狂な人はいないと思いますが…)


Triun G 185cm

早朝の比較的雪が良い状態で試乗したので,180cmと
評価がかなり変わりました.
これもS同様,トップのグリップは弱い感じで,Fischerや
Salomonのように,トップが食いついて内に入ってくる
という板ではありません.
板のセンター付近からきれいに均一に撓み,板全体で
曲がっていく感じです.
それも,がちがちにエッジグリップするのではなく,
ズレ量を1mmにするのか,5mmにするのか,1cmにするのか
でコントロールする感じ.この微妙なずれ量のコント
ロールが容易で,板に乗せられるのではなく,人間が
主体的に板を操作していく感じがしました.
板を動かす量を多くすれば小さく回っていくし,
板をあまり動かさなければ大きく曲がります.
逆に言えば,板が仕事をしてくれるSalomonに慣れた
自分にとっては,最初真っ直ぐ走ってしまったので
ちょっとびっくりしたのですが….
板の撓み方も「ねっとり」とした感じで,返りも
ゆったりしています.ミスカービングで吹っ飛ばされる
こともまずないでしょう.
今回の雪では,板を十分に撓ませることもできず,
スピードレンジも板の本来の性能を出すところまで
いけなかったかな,という感じですが,そのポテンシャル
は確認できました.


KC-RV17 170cm

この日のぴかイチ.
TEよりフレックスが軟らかく,板の撓みで曲がっていく感じ.
踏んだ量でたわみをコントロールして,回転半径を変えていく
タイプです.
オガサカの中では,比較的エッジグリップで滑っていく板かな,
思いました.
KC-RV21より張りが強いので,ハイスピード大回りの旋回半径が
21より小さくなってしまうとも感じませんでしたし,
返りも早いので,小回りも行けます.
去年試乗した時は,KC-RV21の方が良いフィーリングだったの
ですが,今年はオールラウンドならKC-RV17のほうがいいねぇ,
それもにTEよりずっといいねぇ,ということでk2hiko先生と意見は
一致しました.


Unity TD-1 170cm

一般スキーヤー向け?のオールラウンドモデル.
スペック的にはメタルが入っており,結構強そうに見えるのですが,
結構軟らかく,ルーズな板です.
ずらしやすく,疲れない板です.
なんか,THと印象が近いかな?
うーーーむ.あまりインパクトがなかったので,印象薄いです.


E-turn G 170cm

あーーーー.
面白い板です.
オガサカにしては.
センター幅が76mmと結構太いので,オフピステも行ける,
オールラウンド板でしょうか.
フレックスがすごく軟らかく,かつトーションが結構
強いので,撓んだ中でしっかりエッジが踏ん張って
レールターン感覚でぐぐぐっと曲がっていく板です.
スピードを出していくと怖いくらい撓みます.このたわみで
作られた曲線に乗って曲がっていきます.
しかし,返りが非常に弱いので,たわみが一気に開放されて
吹っ飛ばされる心配はありません.
ペターっと撓んで,やさしく返ってくるのにエッジがしっかり
効いて,ゲレンデにきれいに2本の彫りこみを作れる板です.
ただ,体重が重い人やハイスピードスキーヤーだと板が
撓みすぎるので,ちょっと脚力が弱い人や高齢の人向け
かと思います.

全体的に,オガサカの板は「板ががんばり過ぎない」
「板に操作されるのではなく,人間が板を操作しにいく」
というふうに感じました.
がんがんにエッジグリップが強く,板が行きたい方向に
行かされてしまうのではなく,「正しく操作してくれれば,
あなたの行きたい方向にどこにでもいってあげますよ」
という感じです.
そのため,板がギュイイイイイインと切れていくような
切れ感がなく,物足りないという人もいるかも知れませんが,
板が勝手に曲がっていくのではなく,人間がコントロールして
いるんだ,という感じが得られます.

結果的に「オガサカ悪くないなぁ」と思うようになったので,
オガキャンの企画者の術中に見事に嵌ってしまったのかも
しれません….





コメント ( 8 ) | Trackback ( 2 )



« 志賀高原レポ... ===ブログランキングに登録してみました!===

スキー・スノーボードカテゴリー
続アメリカ出... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (のび太)
2006-05-18 00:05:21
フムフム…

自分の感想と比べるのも楽しいですね。

オガサカに対しては、だいたい似たような感想を僕も持ったかなぁ、と改めて思いました。

やっぱり、楽しいですね。試乗会

 
 
 
どもども (k2hiko)
2006-05-18 00:41:42
呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃーん・・・



nobuさん、私のブログの紹介ありがとうございます。私もTBさせてもらいました。そう、S氏らと一緒にオガキャンに行って参りました。



私と内容がかぶってしまいますが、2人のフィーリングの違いも興味深いですね~!



ところで、nobuさんから見たS氏と私の滑りの違いってどんな風に見えるのでしょう。。。気になります。
 
 
 
「質」が違うんですから (S)
2006-05-18 01:20:27




…おそらく,それはk2hiko先生のほうが,私より「上質」ということでしょう…(泣).



>のび太さん

試乗会は楽しいんですが,やっぱり雪がいい時期に履きたいですね~.今回の雪では,TriunGの実力が発揮できず,ちょっと残念でした.

どうしても春のゲレンデでは,ざぶざぶの雪でもたわみが出てくれる柔らかめの板に好印象を得てしまうので,なるべくそのあたりを考慮し,「ハイシーズンの雪ならこんなかんじかな~」と想像して滑ってます.
 
 
 
Unknown (n嫁)
2006-05-18 19:15:06
その違いを具体的にはいえませんが、数回しかみたことのない私ですら両極端であるっつうのはよくわかります。

どっちが上質かという質問では答えようがありませんねぇ~



今年こそ、OGASAKA買い換えたい!!!!

絶対買ってやるぅ~

 
 
 
Unknown (nobu)
2006-05-19 12:54:54
k2hikoさんとS氏の滑りの違いは、

どっちが上質とかって話ではもちろんありません。



最初に見たとき(もう4、5年も前になりますが)

簡単に言えば、

 k2hikoさんのすべりは柔

 S氏のすべりは剛

という印象を持ちました。

(別にS氏が日帰りなのに早朝からナイターまで滑るから剛と言っているわけではありません・・・)

って、まだあいまいですね。

最近一緒に滑ったときの印象はまたちょっと変わってきたんですけどね。



ちなみにkumapooさんとかはどう見ているのでしょうね。



 
 
 
へぇ~×10 (k2hiko)
2006-05-21 00:08:10
n嫁さんからもコメントありがとうございます。



両極端・・・剛と柔ですか~。そんな風に映っているんですねー。おもしろいですね。



S氏の滑りは、きっと効率の良い滑りなのでしょうね。あれだけ、毎週朝から晩まで滑ってへこたれないんですから。



今月のSGに森信之の興味深い記事があります。ショートターンの3つの傾向。安定型、合理型、複合型・・・nobuさんはどっちですか?



 
 
 
いまさらだけどレスポンス (S)
2006-05-24 02:20:20
両極端ですか…うーーむ.



とある人が私の滑りを見て「余計な動きが多すぎる」「動きが派手だから遠くからでもすぐ分かる」と評したことがあったので,私の滑りは決して効率がいい滑りではないと思うのですが….



私は「積極的に板に仕掛けていく」滑りのため,「ポジションを適切なところに運び,板と一緒に落ちて行く」k2hiko先生の滑りの方がよっぽど効率が良いかと….

 
 
 
Unknown (nobu)
2006-05-24 12:42:21
S氏のコメントが入ったので更にコメント。



それ、いつ頃言われました?

今はずいぶん違うんじゃないですか?

志賀でお会いしたとき、

西館のちょっと不整地の斜面を一緒に滑りましたが、

滑りが滑らかになっていたし、雪面コンタクトが良くなったと思いました。

余計な動きとか、派手な動きがなくなってきたのではないかと思いましたが。



SGまだ読んでません。

立ち読みしてみます。

が、最近本屋に行く機会がないのです・・・



 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
ニューモデル試乗レポの紹介^^ (Snow Dancer)
Blog雪だるま暦のhikoさんが 先日のオガサカキャンプへ参加されたときに 来期のモデルを試乗・・・ そのレポートがBlogで配信されています                 hikoさんらしい丁寧なレポート・・・ 来期はオ ...
 
 
 
オガサカスキー06-07モデル試乗 (雪だるま暦)
遅ればせながら熊の湯でオガサカスキーの06-07モデルを試乗したので、個人的に私が感じた印象を少し・・・。 どれもリフト1本位しか乗っていないのと雪の状態が春の軟雪だったので、トップシーズンの圧雪バーンを滑ると、また印象が違うと思う。板のチョイスはス ...
 
 


【PR】月の土地が買えるってホント?