goo

似顔絵(福田典子アナ 2)

「もやサマ」の福田典子アナの横顔をスケッチ。

番組で「ペクン顔」と呼ばれたりしていますが、

おでこと顎が表情にもたらす意外な効果を実感して

キャラクター造りの勉強になりそうなので、描いてみました。

なかなか魅力的ですよね。描いてみても面白い。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

キャラクターイラスト(描いてみようかな)

たまに描くメガネキャラのお姉さん。

ちょっとマンガにしてみようか、と思ってます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

うたのイラスト(「二人の銀座」)

この曲も古いですよね。

山内賢さんと和泉雅子さんが歌ってヒットしたのですが、

ベンチャーズが作った曲で、彼らのバージョンもヒットしました。

ベンチャーズの演奏が昔の銀座らしい(といってもよくは知りませんが)雰囲気で、私は好きですね。メロディーラインだけでなく、伴奏が醸し出す雰囲気が。

イラストは一枚絵だとどうも感じが出ないので、コマ割り漫画の1ページ分みたいな体裁でやってみました。

この形式、面白いかもしれません。他の曲(今までに描いた物も含めて)も、これでやってみようかな。ストーリー性のある曲には合っているかもしれない。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

女性像(少女像)

描いたら、誰かに似ている気がした。

考えたら、若いころの母の面影がするのだと気付いた。

母の少女時代の写真は、残っていない。

しかし以前に見た覚えはある。母が処分してしまったのか。

それとも実家の整理のどさくさで、遺品の中から漏れてしまったのだろうか。

いずれにせよ、写真も物だから、いずれは大方無くなる。

それでも心の中のイメージは、絵の中に顔を出したりするのかもしれない。

記憶の中だけの人が、時折顔を覗かせるということだろうか。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『重版出来!』オマージュ

昨日(3月3日)、松田奈緒子さんの『重版出来!』の小学館漫画賞受賞パーティーに招待されて、伺わせていただきました。

実は第6巻の校閲者の話のために取材を受けた関係で、私のような者にもお声がかかった次第です。

TBSのドラマも素晴らしい出来映えで、毎回楽しみにしていました。

残念ながらドラマに校閲の話は入らなかったのですが、もし続編が制作されるようでしたら、描いていただけるだろうかと夢想している次第です。原作の話は、胸を打つ話ですから。

というわけで、当ブログでも『重版出来!』へのオマージュとして、黒沢心ちゃん(風)の柔道姿を描いてみました。

松田先生、本当におめでとうございます。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ