けーせーの撮り鉄日記、ブログ編

撮り鉄日記です。へたくそですがぜひ読んでやってください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

静岡遠征&久々のブログ

2017-04-04 15:30:16 | 旅行
 
久々にブログというものを始めて見ました。数年前に別ページで開設していたのですが、こちらでは初めてですね。俗に言うにわか鉄道マニアですので、記事はほとんどが撮影日記みたいな感じになると思います。気が向いたらテキトーに更新していきますので、完全不定期です。 

と言うわけで、初回は一昨日に青春18きっぷを利用して静岡へ行ったときのことを書こうかと思います。ま別にたいしたことはしてないのですがね()。 

私の自宅に一番近いのはJR総武線某駅です。と言うわけで、早速行きましょう。あ、そうそう、この日はブログを書くつもりで撮影はしていませんので、途中までは画像もなくただただ文を連ねていくだけですが、そこは勘弁してくださいw

 
この日は3:30に起床。とはいえ、春休みなので実質ほとんど寝ていません(笑)。
始発は午前4:40発。東京近郊なので4時台が始発。私にとっては何も不思議なことはないのですが、全国的には4時台が始発というのはかなり早いようで。
いつもの黄色い電車に乗って、まずは東海道線に乗るため東京へ。途中から快速に乗換えてもいいかな、とも思ったんですが、何せ総武線地下ホームから地上ホームまではそこそこの距離があるので、敢えて各停で秋葉原まで出ました。単純に歩くのがめんどくさいってのが本音です。
東京5:46発東海道線沼津行で一気に熱海まで。休日下りなのですいているのかと思えば、横浜近郊でかなりの方が乗ってきて、湘南地区につく頃には満員でした。 
ほとんど寝ていない私は、途中国府津あたりまでウトウト。小田原が近づくにつれ、どんどん降りていきます。小田原を過ぎるともう車内はがらがら。ボックスシートに座っていたのですが、隣の方は伊東線の宇佐美まで行くようなので、熱海まではご一緒でした。 
熱海に着き、下車。この日は降りて駅舎を撮るだけの旅。改札を出て駅舎を撮影します。

まあ、こんな感じです。使用機材はキャノンSX420。
熱海の立ち食いそばでかけそばを5分足らずで掻き込み、次の電車へ。ここからは313天国です

 
はい、早速ですね。ではこれに乗って隣駅の函南へ行きましょう。
 
↑函南駅舎。こんな感じでばんばん撮影していきます。全駅書くと大変なことになるので、主要駅のみで行きますよ~。 
沼津、片浜は以前の撮影時に撮影済み。原、東田子の浦、吉原の順に撮影していきます。 

熱海を発って約4時間半、かなり端折りましたが、県都静岡目前の清水までやってきました。 


清水と言えば、そう、あの有名なちびまる子ちゃんの舞台です。アニメの中では清水市ですが、現在は合併され静岡市清水区となっています。とはいえ、元々独立した一つの自治体だったと言うこともあり、駅前はかなり立派。ほんとはここで昼食休憩にしようと思いましたが、熱海でのかけそばが効いてまだおなかがすいてません。どんどん西へ進みましょう。 
 
草薙、焼津、金谷と撮影し、まもなくお茶の一大生産地、掛川に到着します。 


ここは天竜浜名湖鉄道の分岐駅であり、こだまのみですが新幹線も停車する静岡中部のターミナル駅。ここから浜松までは列車本数も増えて、撮影が楽になります。 
 
さて、なんやかんやで浜松に到着・・・と行きたいところですが、浜松も撮影済みなので乗り換えるだけでスルー。最後の難関、浜松~豊橋間7駅を順番に撮影していきます
 
 

 
と言うわけで、ゴールの二川駅に到着です。 


ここまで約9時間半。疲れましたが、達成感はかなりあります。この後は、東海道線を上り帰路につきます。静岡からはホームライナー沼津に乗り沼津、熱海からはグリーン車を利用し千葉へ。自宅に着いたら日付が変わっていました。  

さて、いかがでしたでしょうか。ブログのイロハも分からないままやってしまったので、やたら長くなりました。次からは改善していきます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。