神話でなかった古事記

日本の歴史を知るために、いろいろ考えてきました。古事記に残されていることから、思いついた事を書いてみようと思います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本書紀が書かなかったお城の話  城造り その3

2016-10-01 03:21:03 | 古事記
前回、次の文章を書きました。
高安城・茨城・常城・長門城・屋嶋城・大野城・基肄城(椽城)・鞠智城・金田城・三野城・稲積城の計11ヶ所が記され、
これらが狭義の朝鮮式山城とされているが、うち長門・茨・常・三野・稲積の5ヶ所は所在地が明らかでない[2]。所在地
が明らかな城では、遺構として石塁・土塁・建物跡などが見られる[2]。

古代山城 外に次のような城が造られています。城山城、 鬼ノ城、 常城、 石城山城。
と記しましたが、
鬼ノ城は、日本書紀には書かれていません。今日は、鬼ノ城について書いてみます。これは、私が現地へ行った唯一の城
だからです。

もう一度、古代山城の一覧表をご覧ください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A4%E4%BB%A3%E5%B1%B1%E5%9F%8E

 文献に見えない城として、神籠石式山城が有ります。 ここでは、神籠石式山城も朝鮮式山城と書いてありますが、朝鮮
人が造ったかも知れませんが、造らせたのは、中国人ではないかと考えます。
 神籠石式山城は文献に在りませんので、詳しいことは、解らない所も注目してください。

鬼ノ城で検索しますと、一杯ヒットしますが、行かれた事がないのであれば、すべて、ご覧ください。

鬼ノ城
http://park.geocities.jp/aenzic/kinojyou_seimon.html
①スケールが大きいです。
②左の部分を下に移動しますと、鬼ノ城全体の地図が有りますから、その大きさをご覧ください。
③お城の名前は、鬼ノ城です。文献にない城ですから、どうして、このような名前が付いたか調べていませんが、「鬼」は、
日本人が付けた中国神社を蔑視した名前だと思っています。と云うことは、何時の頃からか判りませんが、この城は、地元
の人は、中国人の造った城だと考えていたと思います。
④いつから埋もれていたのでしょうか。
⑤つくるのに、どれほどの人とお金と日数を要したのでしょう。
⑥頂上からは、瀬戸内海を航行する船は見えました。当時の人の眼であれば、船の形まで見えたと思います。
⑦この城は、見張りや、戦争の為の城ではなく、籠城する城だと思いましたが、籠城となると、水が大切ですが私が 行っ
た時は、まだ、水源地の復元はされていませんでした。

調査研究としては、ウィキペディアに次の様に書いてあります。
考古学的研究は、1971年(昭和46年)の高橋護の踏査による、土塁の列石と水門の発見を[13]嚆矢とする[3]。
 何のための水門なのでしょうか。


岡山県古代吉備文化財センター 甦る!古代吉備の国-謎の鬼ノ城トップ ...
http://www.pref.okayama.jp/kyoiku/kodai/kinojou-top.html

⑧はじめにの部分に次の文章が有ります。
その築城の目的については、663年の白村江(はくすきのえ・はくそんこう)の戦いにおける敗北から、唐・新羅(とう・しらぎ)
の連合軍が本土に侵攻するのではないかと危機感を抱いた当時の政権が、西日本各地に築かせた古代山城の一つであるという説
がよく知られています。

 この文章ですと、天智天皇が造ったことに成りますが、間違いでしょう。日本を征服した中国人が、逃げる城として、造ったと
考えています。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本書紀が書いた本当の話 ... | トップ | 日本書紀が書いたお城の話 ... »

コメントを投稿

古事記」カテゴリの最新記事

トラックバック

小さな発見・新しい発見 滋賀県大津市の古墳(140) 壬申の乱(91) (新しい日本の歴史)
 前回、次のように書きました。  田辺昭三氏の『よみがえる湖都』には面白い事が書いてありましたが、其の内容には、考えが異なるので、林 博通氏が、『大津京』とタイトルを......