写真日記

趣味のカメラ、ラジコン、釣りなどを気ままに書いてます。

中華ダンパー&モーター交換②

2017年03月15日 | クラッドバスター


入ってたオイルは抜いたので、手持ちのオイルを適当に見繕う。
ちょど、SCX10に付属してた30wtとか書いた大びんがあったので、それを使ってみる。
ところで、30wtとは、タミヤでいうところの何番なんだろう?350番くらい?



はじめ、タミヤのCVAダンパーみたいに、ダイヤフラムで密閉する感じでオイルをいっぱいに入れたら、パッツンパッツンになってしまった。なので、半エアレーションダンパー的に、上から6mmくらいエアーを入れて組んだ。



今回、どうせダンパーを外すので、スポチュンからモーターも交換することに。


京商のG20

実は、かなり以前から交換しようと買ってあったのだが、なかなか重い腰が上がらず、放置してあった。



ところが、スポチュンを外してびっくり!ピニオンがペラッペラ。ここまで減ったピニオンを始めて見た。これはさすがに交換しないと・・。えーっと、クラッドバスターのピニオンのピッチって、06?いや、08じゃん。06なら普通にたくさん持ってるが、08はグラホのは持ってるが、13Tは持ってない。おまけに、08の13Tって、使ってる車種がほとんどなく、社外品もない。とあきらめかけたところ、ジャンクボックスの中になんと、



08の13T 発見!しかも3個も。なんで、こんなのあるんだろう?あ、そうか、かつてブリッツアービートル持ってた時に取り寄せてあったやつだわ。超ラッキー。これで作業が続けられる。

ところが、復旧作業中にいろりろ問題発生。


まずは、サスアーム付け根のデカいピロボールの緩み。これは本当に良く緩む。
ネジロックをたっぷり塗っておいた。



あと、ダンパーのシム調整で気が付いたのだが、フロント側のシャーシ下に変な出っ張りがあり、サスが沈むとリンケージと干渉する。なので、その出っ張りをカットし、それだとシャーシの剛性が落ちるので、切り欠いた部分に、ABS板をアクリサンデー接着剤で溶着して補強した。





なんやかんやでダンパー、モーターの交換完了。丸2日かかりました(汗)。
でも、苦労の甲斐あって、超かっこいい!タミヤのクソ高いやつじゃなくても十分です(笑)。

せっかくなので、久々に動画を撮りました。良かったら見て下さい!



TAMIYA SUPER CLOD BUSTER Aluminium shocks Hard Bash Test!


中華ダンパーのスプリングは、中華ダンパー標準ので、とりあえずアジャスターでいちばんゆるくしました。なので、手で揺らすと、結構柔らかいです。
走らせた感想は、正直、あんま変わってない(笑)。動画撮影にいっぱいいっぱいだったので、今度はもう少しセッティングしてみようと思います。

あと、デフロックしてないので、クローリングはダメダメですね(涙)。

『ラジコン』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 18年ぶりにテントを張ってみたw | トップ | 28年ぶりに”ガンプラ”買って... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

クラッドバスター」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。