写真日記

趣味のカメラ、ラジコン、釣りなどを気ままに書いてます。

内装改良

2017年02月13日 | CFX
ボディと同様、内装も当然、CMXからの流用。



ちなみに、内装はもともと、リア部分まで覆ってたのだが、中にカメラを入れて、人形の後ろ姿を動画で撮りたいので、半分にカットした。



人形はいい感じで出来ているのだが、後ろから見ると、ご覧の通り空洞が丸見え。そこで、シート(椅子)を作って隠すことに。
しかし、ラジコン用のシートや内装ってなかなか売ってない。バルサ削って作ろうかなと思ったが、腐りそうだし・・。発砲スチロールにしようかなー。
ネットでいろいろ調べると、ダイソーに良さげな素材がある情報が・・


ダイソー カラーボード

こいつは、発砲スチロール?なのだが、発砲度合がちょっと低め?で強度が高い。再販のバギーチャンプのバッテリーを固定するグレーのやつと言えばわかりやすいか。厚みや色もいろいろあるので、黒を買っておけば塗装もしなくて済む。
 とりあえず、10mmと5mmを買ったのだが、買って気が付いたのだが、5mmのは強度の問題か、紙でラミネートされてるタイプで、汚れるラジコンではちょっと使えない。10mmのは紙は無く、すべてスチロールだ。買ってみないと分からんね。

 



 ネットでFJ40の内装写真を見ながら、それっぽくカッターでカットしていく。



固定はホットボンド。しかし、ホットボンドって本当に便利。工作においての革命だ。



CMXの時には荷台に柴犬を載せていたのだが、その柴犬はたまたまスーパーで見かけた時に買ったのだが、次行った時にはすでに違うガチャガチャに。その同じシリーズのゴールデンレトリバーが欲しかったので、しようがなくネットで購入。(ちなみに、猫は違うシリーズの。今回は使用しなかった。)
しかし、ガチャガチャって、すぐに入れ替わるね。ガチャガチャ専門店に一度行ってみたい(笑)。





ちょっともったいないが、内装に合わせて下半身をカット。



犬は裏からビス止め。なかなかいい感じにできた。















 
 

 





『ラジコン』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« LED デスククリップライト購入 | トップ | 中華ダンパー&モーター交換① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

CFX」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。