日々気ままに…!

日々気ままに撮った写真を掲載して行きます。

さようなら新幹線車体上げ・載せ作業実演:JR東海浜松工場。

2016-09-19 20:36:40 | 鉄道(新幹線)

2019.9.19 相変わらず蒸し暑い状態が続き、うんざりです。この中、さようなら新幹線車体上げ・載せ作業実演をJR東海浜松工場へ行き見てきました。夏の新幹線なるほど発見デー、とは違い、車体の上げ・載せの実演のみでした。

10年ほど前、新幹線なるほど発見デーへ2-3回行きましたが、真夏の暑い時期で工場内で涼む場所がなく、暑さのため倒れそうになり、以降は行かなくなりました。今回は、蒸し暑くはありましたが猛暑程は暑くはなく、出かけてきました。

自宅を6時過ぎに出て、名古屋駅にて格安で行けるゾーン券+区間外の乗車券をみどりの窓口にて購入。7:13発で現地へ向いました。浜松着は8:56。浜松駅から浜松工場まではJR東海が手配している無料バスに乗り現地入りしました。

予定では、10:25が第1回目の実演でしたが、前倒しで9:50~スタートしました。私は。第1回目に入る事ができました。新幹線の車体上げ、今回見たのが初めてで最初で最後になりました。過去、工場内の展示車両ばかり見たり、撮ったりして車体上げの実演はスルーしていました。

ほぼ真上をクレーンで吊り上げられた新幹線車体が移動して行く様子を見ていましたが迫力あるものでした。蒸し暑さの中、行った甲斐があり良かったです。検査方法が変わるとのことで車体上げはなくなるそうです。どのような検査になるのか…、来年の新幹線なるほど発見デーに行ければ見てみたいものです。

 


●今回使ったゾーン券と区間外の乗車券です。豊橋往復きっぷと行きは区間外分を浜松まで繋ぎで購入する必要があります。帰りは、豊橋で途中下車する事も考えていたため帰りは浜松で考えれば済みますから帰りの区間外は浜松で購入でした。
券売機で普通に乗車券を買いますと、名古屋-浜松は1940円(×2=3880円)です。今回は、ゾーン券+区間外の乗車券で往復2510円でした。お得度は1370円。このようにゾーン券をうまく使えば格安で行く事ができます。

※帰りの浜松-二川は駅前のチケットショップで回数券のバラ売りを購入。 



●浜松工場の構内です。

 

●工場内、整備中の新幹線車両です。

 

●車体上げ・載せの実演車両です。※実演前。

 

●車体上げ・載せの実演スタート。※フィルム撮影です。デジイチでは画拡内に納まらないため24mm、対角線魚眼16mmを使用。

 

●第2回目の実演待ち。入場規制をかけながらの実施でした。

 

●浜松駅前(対角線魚眼レンズにて)。

 

●うなぎパイのお徳用。駅前の春華堂の直営店で購入。駅売店等では売られていません。家食い用ならこれで十分です。

 

 

 

 

 

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鶴舞公園の花 | トップ | 5875レ 祝日は運転。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かーくん)
2016-09-19 21:05:13
さすが駆使されてますね。きっぷに詳しくないと使えませんねぇ(笑)

ところでなぜさようならなんですか??
Re: (shin)
2016-09-20 18:08:51
どうも、ご無沙汰しております。

きっぷの使いは、毎日JR金山駅を利用しており、駅の壁面などにきっぷの広告を見たりして知りました。
あとはJR東海のHPを見たりしています。

新幹線の車体上げは検査方法の変更でなくなるそうです。なので今回は特別に2日間車体上げだけのイベントが開催されたようです。たまたま、JR東海のHPを見て知りました。

JR東海浜松工場へは約10年ぶりに行きましたが、広い敷地内のあちこち新工場が建設中でした。最新の機器で新幹線車両の整備をスピーディーに行なうのでしょう。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL