気ままに撮影…!

気ままに撮影して掲載して行きます。

リニア鉄道館、行ってきました!

2016-12-11 22:57:02 | 鉄道

2016.12.10 リニア鉄道館です。JR東海が運営している鉄道博物館ですが、開館以来初入館です。9月にJR東海浜松工場にて新幹線車体上げ最後の実演を見に行った時、リニア鉄道館の割引券をいただきました。一度も行っていませんで、この機会に行ってきました。そしてあおなみ線で金城埠頭の終点まで乗車したのは初(あおなみ線の荒子川公園までは乗車歴があります)。野跡より南は名古屋港一帯がよく見えて景観が良かったです。

リニア鉄道館は、あおなみ線の金城埠頭駅手前から建物が見え、駅から歩いてすぐ。日本一過密な高速鉄道である東海道新幹線の歴代車両をはじめ、最新のN700系の展示はありませんが、これから走るリニアまで展示されておりました。現在名古屋駅はリニア開通に向けての工事がスタートしています。また次期東海道新幹線車両N700Sの生産をスタートさせるとありました。新幹線の進化に終わりはないようです。

他以前に、飯田線中部天竜駅構内にあった佐久間レールパークに展示していた車両と美濃太田車両区の奥に留置してあった車両を整備して展示し、JR東海の総合的な鉄道博物館がリニア鉄道館であります。

一度は行っておかねば…、と思っていましたが、ようやく実現しました。風が冷たい一日でしたが、鉄道館内は暖房がしっかりと効いており快適でした。カミさんと二人で行きましたが、館内へ入ったら解散。それぞれで回って、時間になったら携帯で電話し合って合流。カミさんは不満のようですが、私はカミさんのペースに合わせられないのでいつもこうです。

午後2時半頃に入場し、閉館の午後5時半前までじっくりと回ってきました。途中1時間ほど、新幹線の座席を休憩いすにしたコーナーがあり居眠りをしてしまいましたが…。今日は行けて良かったです。


●入口を入ってすぐ…、C62 17 と300X リニア(愛・地球博で展示されていた物)がありました。

●300Xとリニア

●300Xの運転席

●300Xの扉。風圧に耐えるべく、通常の車両とは違い、窓と扉には頑丈なロックが幾つも…!


●メイン展示エリア、歴代新幹線が勢揃い。

●初代0系

●100系

●300系

●残り少なくなりましたが現役で活躍中の700系

●メインの展示エリア、新幹線の反対側です。


●帰りの名古屋駅にて。あおなみ線の車両と新幹線です。





 

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブログ開設から6年経ちました。 | トップ | JR貨物、愛知機関区のEF64 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道」カテゴリの最新記事