日々気ままに…!

日々気ままに撮った写真を掲載して行きます。

七夕の夜☆/

2017-07-10 23:55:41 | 月・惑星

2017.7.7 記事が前後してしまいましたが…、先週の金曜日、七夕でした。ここ何年か、七夕に晴天とは珍しかったです。金曜日の夜であり、山間地へ行こうかと思いましたが、月齢が大きい事でそこそこ見える所へ遠征しても月明の影響で天の川が見えない事が分かっていたため断念しました。月明の影響が無い時、下の写真のように見えます。梅雨明け後の晴天の夜、午後9時頃、真南を向いて立ち、この写真を真上に向けて右90度回転(縦)させると頂点にある明るい星だけが目だって見えるはずです。天頂付近に最初に来るのがこと座のベガで、大きな二等辺三角形が見えたら夏の大三角です。細かく砂のように写っているのが天の川ですが山間地でも肉眼ではここまでは見えませんが、幻想的な見え方をしています。織姫と彦星の神話は有名ですが、この話しの内容を頭に入れつつ夜空を眺めるも良いものです。

 

●この写真は昨年の5月に岐阜県白川町で撮影したものです。

 

 

さて、この日は、月と土星を撮りました。仕事疲れがあり、なんとか気力を振り絞って撮りました。デジタル撮影になってからは簡単、お気軽に撮れてます。今回、月と土星では撮影に使用した望遠鏡が違います。月は、月齢と焦点距離の関係で80mm屈折望遠鏡での撮影。土星は、いつもの102mm屈折望遠鏡です。どちらもフローライトアポクロマート仕様です。seeingがそこそこ安定していたため、ほぼ満足な撮りができました。

 

◆望遠鏡:Vixen FL80S(D=80mm f=640mm) 屈折望遠鏡
◆カメラ:PENTAX K-30
◆撮影地:自宅

●月面全景 20:52'42 ISO:400 1/250s
PENTAX XP24mm 合成焦点距離f=1,980.5mm F=24.8 

 

 

◆望遠鏡:Vixen FL102S(D=102mm f=900mm) 屈折望遠鏡
◆カメラ:Kenko DSC1200Z
◆撮影地:自宅

●土星 21:44'00-21:45'30(連写) ISO:400 1/3秒
PENTAX o-5mm 合成焦点距離 f=20,250mm F=198.53
RegiStax6にて36コマコンポジット。Photoshopにて画像処理

 

 

 

 

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蒸し暑い中…、鶴舞公園他 | トップ | 諏訪しなの号(復路)、多治... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL