メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

『葉っぱのフレディ』(童話屋)

2016-11-02 13:54:15 | 
『葉っぱのフレディ』(童話屋)
原題 THE FALL OF FREDDIE THE LEAF(1982) by Leo Buscaglia
レオ・バスカーリア/著 みらいなな/訳 島田光雄/絵
初版1998年(1999年 23刷) 1500円

※2000.9~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト」カテゴリーに追加しました。

とても売れた絵本
アメリカの著名な哲学者・レオの生涯で、たった1冊の作品という説明のみ
そこには、どんなドラマが隠れているのか


複雑で、時に飲み込まれそうになるヒトの一生
生から死までの不安、恐怖、疑問

定義は無数にあるけれど、木に生えた1枚の葉に例えたら、こんなにシンプル


若々しい葉が、自分と他人の違い、周りの世界と自分との関わりを楽しみ
木という、命を支え、人々に木陰を与える仕事、役割から生まれた意味、喜び、自信を見出し
紅葉になると、自らの美しさを見出す


やがて冬の訪れに、仲間との別れ、死という引越しは、
“変わりゆく自然の変化のひとつである”と気づき、解放される

フレディは気づかないが、再び新しい生命へと引き継がれる、つながりのひとつだったという
“いのち”は限りなく続いていくということが語られる


葉の一生も、ヒトの一生も同じ“いのちのつながり”として
誰にでも分かりやすく伝わってくるのが素晴らしい

「どうにもならない」と頭を抱え込んでしまう時も
このシンプルな自然の営みを思い出せたら、小さな事に思えるだろう

ヒトや国の争いも“生と死の営み”の前では無意味だと世界中が気づいたら
どんなに平和で幸せになれるだろうか


『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ヨーンじいちゃん』(偕成社) | トップ | 『チーズはどこへ消えた?』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。