メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

フィギュアスケート国別対抗戦 名演技集

2017-07-29 15:10:57 | フィギュアスケート
まだまだ、これから夏本番だけれども、そろそろスケートのシーズンも気になってくる頃
以前、予録した国別対抗戦2017の前に放送された番組を観てみた


【ブログ内関連記事】
羽生結弦!宇野昌磨!チーム日本がフィギュア国別対抗戦で世界一へ!
国別対抗戦2017 男子シングルショート ほか@代々木第一体育館
国別対抗戦2017 女子シングルフリー ほか
国別対抗戦2017 男子シングルフリー ほか
国別対抗戦2017 エキシビション
羽生結弦出演@新サンデーステーション


 

 




世界フィギュアスケート国別対抗戦 名演技集

名演技集で選ばれるのは、大体同じだけれども、何度観ても感動する

●2009 浅田真央 当時18歳 SP ♪月の光
 

 


●2009 浅田真央 FS ♪仮面舞踏会
このワインレッドの衣装もステキだった
メドベデワよりずっと前から片手を上げたり、両手をあげたりするジャンプがあったことに今ごろ気づいた

ノーミスで終わり、
荒川静香さん:これだけ満足そうな笑顔が見れたのは久しぶりですね

 


●2012 高橋大輔 FS ♪Blues for Klook
妖しいブルース曲にのって男の色気全開 1つ1つのシーンが芸術

 

 

演技終了後、
アナ:たくさんの花束が投げられています

佐野稔さん:
もうなんでも投げ入れてもいい感じですね 飛び込んじゃってもイイ(って/爆
他の国の選手も総立ちってイイですね
今日はヒトを超えた領域までいっちゃいましたね

 


●2013 浅田真央 FS ♪白鳥の湖
世界フィギュア国別対抗戦2013 女子フリー

 

 

荒川静香:体力的に女子には難しい内容なので、珍しく疲れが見えました

真央ちゃんのスケートは、どのシーンを見ても涙が出る 3×3も挑戦して跳んでいたし


●2013 鈴木明子 28歳 2013年 FS ♪シルク・ドゥ・ソレイユ「O」より
 




●2015 宮原知子 FS ♪ミス・サイゴン
世界フィギュアスケート国別対抗戦2015 女子フリー

 

知子ちゃんは“地道”そのもの
SP、FS両方とも常にノーミスできる安定感も大きな武器

彼女がピョンチャンオリンピックで滑る姿も容易に想像できるが
メドベデワを超えるには、あと何が必要か?

練習しすぎで怪我だけは気をつけてほしい
シーズンを怪我なく通すセルフマネジメントも実力のうち


女子はほかにアシュリー・ワグナー、ラジオノワ、トゥクタミシェワが紹介された

ラジオノワ
 

荒川静香:
シーズン中も背が伸びて難しい時期にあるので、
体のラインが変わるのを気にして減量すると、パワー不足になるのが少し気になります



トゥクタミシェワ
 

女王の貫禄たっぷり
2015年に初披露したトリプルアクセルは、完璧!
彼女も片手を上げたり、3×3の飛距離も長い!
また彼女の妖艶な世界を観たいなあ


●2015 羽生結弦 SP ♪バラード第1番
世界フィギュアスケート国別対抗戦2015 男子ショート

 

 

このSPでピョンチャンオリンピックに臨むんだよね
それも更に難易度を上げて、常に自分自身に挑戦しつづける


●2015 羽生結弦 FS ♪「オペラ座の怪人」より
世界フィギュアスケート国別対抗戦2015 男子フリー

 

 

 

時々、歌詞を口ずさんでいるのが分かる
音楽大好きなゆづくんには、歌詞入りOKのルール変更されたのは有利
全身全霊を賭けて滑る姿に毎回心打たれる

こうして比較すると、大ちゃんとゆづくんの好対照な美が堪能できる
情熱的な大ちゃんと、ストイックで、計算し尽くされたゆづくんの演技

FSの曲はなんだろうなあ!
小さい頃からあらゆる曲を使ってきて、「いつかコレで滑りたい」っていう曲は全部使ったのかな
今から楽しみすぎ



今回の名演技集にはメドベデワは入っていなかった これらはすべてメドベデワ以前
彼女が今の実力を発揮すれば、ピョンチャンオリンピックで金メダルをとる姿は容易に想像できる
メドベデワ一強時代で、日本女子はどこまで食い込めるか

日本人のこまやかな優しさは、スポーツ界で負にはたらくことがあるのは
これまでさまざまなスポーツで数多く見てきた

また、プレッシャーに打ち勝って得た勝利に感動する、
『おしん』的な人間ドラマが好きなのも、日本人特有の国民性という気がする

一方、男子は羽生結弦が自分を信じて、今の実力を発揮すれば、やはり金メダルを取れるだろう
でも、彼は急速に進化し続けるフィギュア界で留まろうとはしない

実力が拮抗する中で、自分自身に打ち勝てるのは誰か

「オリンピックイヤー」と騒がれる今シーズンも楽しみだなあ





『フィギュアスケート』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ラブ&ピース』(2015) | トップ | 『リリイ・シュシュのすべて』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。