メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

樹々は生きている 倉本聰 点描画展@アートシーン

2017-07-16 12:39:35 | アート&イベント
 

樹々は生きている 倉本聰 点描画展@ウッドワン美術館

樹ファンにはたまらないなあ

倉本聰:
 
ドラマの人物を描く時も履歴から書く 履歴とは根っこ
樹もまったく同じで、根のはり方によって成立している気がする
だから、樹を描く時、どうしても根を描きたくなる








映画監督は、絵コンテも描くから、絵画の才能もあるよね
それと、モノをよく観る力がある


千一億光年トンネル@ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション


会期:2017年5月20日~ 8月6日
開館時間:11:00~17:00(土日祝10:00~)

“奥村綱雄は夜間警備の仕事をしながら、勤務中の待機時間にひたすら針を動かし、
「パフォーマンスとしての刺繍」を20年以上続けている。
 小さな布には1000時間以上の作業時間を費やされるなど、そこに積層した時間は膨大だ。
 本展では7200時間分が詰まった作品《夜警の刺繍》(2016)を展示する。”

 

 

 


水戸部七絵さん:

顔を描こうとすると、自分の中のコンプレックスがどんどん出てきて、結果的に厚くなってしまう



200mlの絵の具を500本使った90kgもある作品て/驚×5000



水戸部七絵さん:
時間が経って、髪の毛以外が黄変している
それもまた作品の一部になっていると思う






長野市に水野美術館なんてあるのかあ、と思ってブログ内検索したら行ったことあった
「GW帰省 vol.4-2(2008-04-29)」


追。

また藤城清治さんのアドカードが入っていた/嬉



藤城清治「光と影の楽園展」@教文館エインカレム
会期:7.7~10.12
時間:10時30分~19時00分



『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『愛のむきだし』(2009) | トップ | 『落下する夕方』(1998) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。