メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

“伴侶の死”とどう向き合う? 「遺族外来」に集まる心の声@週刊ニュース深読み

2017-08-05 11:11:13 | テレビ
“伴侶の死”とどう向き合う? 「遺族外来」に集まる心の声@週刊ニュース深読み

専門家:
大西 秀樹さん(埼玉医科大学国際医療センター 医師)
宮林 幸江さん(自治医科大学看護学部 教授)
堀家 春野(NHK 解説委員)

 

ゲスト:
吉村 崇さん(平成ノブシコブシ)
大沢 あかねさん(タレント)

プレゼン:徳永アナ


日本人の死亡率で1位はがん



このうち約21万人は配偶者をのこして亡くなった


埼玉の精神腫瘍科・遺族外来
 

喪失感・孤独感を精神科医がカウンセリングなどを通じて治療する

妻を亡くした男性患者:
三回忌が終わったまま動かない
今も悲しみで何も手につかなくなることがある
家でも話す人がいない
ここに来れば先生に聞いてもらえるから

深い悲しみは、時にココロの病、自死につながる
愛する者を亡くした時、どう向き合えばいいか、周りはどう支えればいいのか


「第2の患者」


がん患者の家族は、精神的・肉体的にも支えるのが大変なため、患者本人と同様に支えるべき

大西さんは2007年から「遺族外来」を開設し、年間200人以上が相談に来る



<取材から共通の経験が見えてきた 主な3つを紹介>

1.伴侶を亡くした直後に、辛いことが続いた

葬儀の席で、自分が後ろにされたなどで傷つくケースが多い

「検診はちゃんと受けていたの?」などと言われて自分が責められている気がする
「子どもが小さいんだから、あなたが頑張らないとね」「可哀相」などと言われて傷つく

2.妻をがんで亡くして、1年後に突然悲しみが襲ってきた

夫婦で毎年、お花見をするのが楽しみだったため、サクラを見ると孤独感が増す

「思慕」愛し合っていた人ほど強く感じる
例:街で似た人がいて、追いかけていくと、違う家に入り、人違いと分かった

3.7年経って突然悲しみが襲ってきた


例:
中学の教師 悲しみを乗り越えていたと思っていたが、
学生たちの何気ないお喋りを聞く中で、悲しみが襲ってきた
3人の子育てに必死で悲しみに気づかなかったが、ちょっとしたことであふれるようになった
15年後、20年後という人もいる


<死別の悲しみ・メール>





大西:
非常に混乱されてる方が多い
理由として、愛する人との別れは、人生の中で一番大きなストレス
私たちはストレスを感じると、心身に変調をきたす
カラダの面では、心臓病疾患で亡くなる方が多い
ココロの面では、うつ病になる方が多い


アメリカのデータ


宮林:
メールで寄せられた声は、何度も聞く言葉
配偶者、子ども、親を亡くされた方の悲しみが深まっていて、年々増えているのを感じる


大西:
がん患者さんを亡くした遺族の悲しみで「後悔」の言葉が一番多い
その方々は、優しくて、最善の対応をしたにも関わらず、後悔してしまう

これまでどういうケアを受けたか、生活をしてきたかを聞き、全体を見て
「あなたは最善を尽くした」ということをお互いに確認し合う精神療法をする

「遺族外来」と名づけている所はまだ少ないが、全国の一般の精神外来に相談してもよい



「がんのピア(仲間)・サポート」体験者同士で支え合う
 

堀家:
全国の拠点病院にセンターがあり、語り合う場、医療機関を紹介してくれる


<グラフィックレコーダー ツイッターの声>

経験者の声が圧倒的に多い

「自分が幸せになってはいけない気がする」など


<周囲ができること>

 

大西:
まずは話を聞くこと 話すことではない
他人は本人の深いココロの苦しみは分からないもの


初診は30分~1時間ほど聞く 2回目からは15分程度(短いと思うな
大事なのは継続 だんだん気持ちも変わる




宮林:
こんなに頑張っているのに、周りから「頑張って」と言われると、理解されていないと感じる

「気持ちが分かる」と言われても「あなたは死別を経験していますか?」と感じる

「自分は他の人と違う」「誰にも会いたくない」と思うのが特徴的
「でも、頑張らなくちゃ」という天秤が1日に何度も揺れ動く


<うつ病の診断基準>



大西:
遺族外来の患者さんの4割はうつ病 抗うつ剤での治療が必要
基準の上の2つは「大症状」 このどちらかがあり、ほかの9項目が2週間続いた時に「うつ病」と診断する



<経済面での支援も必要>

吉村:仕事が出来なくなってしまった場合の支援はある?

堀家:
今、がん患者の約3割が働き盛りの年代 配偶者も看病などで仕事を辞めざるを得なくなる
子どもの教育費などで悩む人も多い

センターでは、就労の相談も可能だが、利用者はまだ約7%しかいない 知らない人が多い




<具体的な声のかけ方・サポート>



「あまりムリしちゃダメですよ」
「あなたにかける言葉が見つからない」と正直に言う

あまり「辛いですよね」と言われると、嬉しい時と、余計に辛くなる時がある
揺れ動いていることを理解して、相手にどうして欲しいか聞くのも1つのサポート

大きなものを運ぶとか、美味しいものを作ってさり気なく持っていく、
どこに行くにも勇気がいるため、「一緒に行く?」「ゴミを一緒に出すよ」など

「ただ抱きしめてもらってよかった」という声もある



<核家族の中での支援>


社会のあり方を問う声も多い



<国の動き>

海外に比べてケアは日本はかなり遅れている
 


大西:
遺族への援助を進める、私たち1人1人が勉強することが必要
辛いことだけれども、誰にも起き得るので、みんなで一緒に考えること





追。
小野アナがいないと、専門家からうまく情報が引き出せていないもどかしさがある
フリップに頼って、具体的な説明、視聴者からの生の声などの流れがバラバラになって、
話が途切れたりして、ゲストが進行してたな・・・


ジャンル:
我が家
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大河ドラマ「おんな城主 直... | トップ | 『パパの木』(2010) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。