メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

危険!子どもの指挟み@あさイチ

2017-05-26 11:35:23 | テレビ
危険!子どもの指挟み@あさイチ
 

子どもの指がドアに挟まれた時の圧を計算してみた(見てるだけで痛いいいいい
 

1ヶ月前、玄関のドアに手を挟んだ男の子も、大事にはならなかったものの
まだ内出血のあとが残っている



その後、子どもの母親は、室内のあらゆるドアが心配でならない
下の子どももいるので、いつも見ているわけにもいかず
疲れて気を抜いている時に起こりやすい気がするという

 

 




専門家:
 

ちょっとした隙間から向こう側が見えたりすると
そこに向かって行く、隙間に触ってみたいという発達の段階に多い事故


これまで“親が気をつけていればいい”と言われてきたけれども
同じ事故がこれだけ長い間続いているということを考えると
社会全体として対策を地道にやっていかないと減らないと思う



気をつける場所の例


1位:蝶番 5割
2位:ドアノブ付近 4割
3位:ドアの下の隙間 1割(あんなに開いてるんだ/驚



対策例
1.スポンジ状のストッパー(市販されている)
ドアにはめると、バタンと閉まらず、スポンジ分だけ開いたままになる

 
(こうなるとドア自体要らない感じでは?


2.蛇腹状のものを、子どもの背丈まで間に挟むことで、指が入らない
 
これも市販されているし、牛乳パックでも代用品が作れる

怪我をしない工夫をしたドアなども開発中


ヤナギー:
専門家が言っていたように、同じ事故がずーーーっとあって
子どもの成長段階も変わらないとなると、
国の安全基準をちゃんと作るべきでは?

法律を変えるのに時間がかかるなら、マンションを建てる住宅メーカーや
それを販売する不動産会社がそういう対策を積極的にして、それを売りにすればいい



ジャンル:
子供
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『燃える傾斜』眉村卓/著(角... | トップ | ATPテニスマスターズ1000... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

テレビ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。