メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

『21世紀の相性診断 G感性で「恋愛と結婚」が見える』(ワニブックス)

2016-12-13 12:11:09 | 
富士総合研究所/監修 初版1992年 1100円

※2002.5~のノートよりメモを抜粋しました。
「読書感想メモリスト2」カテゴリーに追加しました。



【内容抜粋メモ】

「G感性」
日常生活をどのように楽しんでいるかの基準
33の質問から決まる
“こだわりの部分”場面ごとに表現が変わる


「相性」
感じ方が似ていれば話していてストレスが少ない=「相性がいい」状態
熱が冷めれば、相手の感性は変わらないのに、自分の見方が変わってしまう

学生時代のように2人の関係に長時間を費やす情熱があれば、本質的に違っていてもカバーは可能
社会人は、シビアな時間的拘束があるため、情熱はいつか冷め、努力→妥協→飽きた・疲れたのパターンに

相手の行動パターン、こだわりを理解して選ぶ


3つの要素
1.自由な時間:自分のために使える
2.行動範囲:本人のみならず、友人のも含む
3.自由になるお金:大小ではなく、消費する意志、行動力


ちなみに私の診断結果:G3かG4?(こっちのほうがピンとくる)
G2:新しいもの好きの行動派 流行最先端 浮気性
G3:気分はミーハーの見栄っ張り 仲間はずれが嫌いな“ふつう”の人たち
G4:こだわりのマニアック 好き嫌いがハッキリしたワガママ とっつきにくいと見られることも 個人主義



『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ペットDE心理テスト』(... | トップ | 『きっと、あなたは癒される... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。