メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

ガウディとダリの世界展@大丸ミュージアム(1990.10.6)

2016-10-14 13:30:41 | アート&イベント
「アート&イベント一覧」カテゴリーに追加しました

今日はNちゃん、Sさんと3人でギャラリーへ行ってきた

建築美術の展示会に行くのは初めてで、知識もゼロだけど、
木のなめらかな曲線と艶は女性の肢体のようだった

水たまりのように鏡を切り取っただけで、もし部屋にこんな姿見があったら
本当に楽しいだろうな、というような遊び心がたっぷり

煙突も異教徒の群れのような黒マントの小人のようで、
彼らが空高くから私たちを物珍しそうに、注意深く観察していると思うと不思議で面白い

“天地創造前の混沌”などは、もう建築を超えたまさにコンクリートで造った芸術

“ユダヤの子供”

イスも見えない裏側にまで三角形の細工や模様がほどこされていて、
凝りに凝ったデザインになっている

下水管のフタ、ステンドグラス、ドアノブ、門、食器棚もあった




ダリのほうも面白かった

その時すでに死ぬほどお腹が空いてたけど、絵画は少なく、布で織ったもの、彫像などで
彼の違った魅力が感じられて良かった

ダリの等身大のそっくり蝋人形が赤いガウンを着て立っていたり
彼の愛用していた毛皮の一風変わったデザインのコート

他にもゾウのような、キリンのような生き物の上に、
クリーム色の塔みたいな、とても不思議でキレイでキラキラした鉱物などはとても印象的だった

“炎の女”

“Aice in Wonderland”(アリスとは似ても似つかないカンナの妖精みたい)

青い皿の上にデッサンしたもの、白いメルヘンちっくなピアノのコラージュを貼りつけてデッサンを加えた作品等

ポストカードや本のコーナーは相変わらず混み合っていた


『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アメリカに渡った美術家たち... | トップ | 映画『今宵かぎりは・・・』... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。