メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

『紅の豚』(1992)

2010-06-16 21:58:52 | 映画
『紅の豚』(1992)
監督・脚本:宮崎駿 音楽:久石譲 ♪さくらんぼの実る頃 ♪時には昔の話を 加藤登紀子/歌
出演:森山周一郎、加藤登紀子、桂三枝、上條恒彦、岡村明美、大塚明夫 ほか

trailer

ジブリ映画の中でまったく興味が沸かなかった今作。大人向けの話がジブリっぽくないってゆうお子様な理由だけだったんだけど、
ウエストールを読んだ今では宮崎駿が描きたかった男のロマンの世界が分かる気がする。てか、相当な戦闘機マニアだなw
ウィキには「前作の『魔女の宅急便』に続いて劇場用アニメ映画の興行成績日本記録を更新した。」とある。そーなんだ。

story
以前は空軍パイロットだったマルコは、なぜか魔法によって豚のポルコと呼ばれ、
今や世界中を騒がす賞金稼ぎとなり、無人島をアジトとして活躍している。
空賊団はアメリカ人の用心棒カーチスを雇い、2人はシャンソン歌手ジーナの店で初めて顔を合わせた。
カーチスに攻撃された時、ポルコの船(飛行機)は故障中で一時森に避難し、昔なじみの修理士のもとへ頼むと、
孫娘のフィオが設計を担当し、親戚&近所中の女たちが手伝って、船は見間違えるばかりにパワーアップ!
カーチスはフィオをひと目見て気に入り、「オレが勝ったらフィオを嫁にもらう。負けたら莫大な修理代を払う」という決闘を申し込む。。


ボッコボコになってケンカするシーンは、宮崎さんお得意のギャグ要素満載で笑える!
こうゆう宮崎さんのユーモアセンス好きだな。
死んだようになって引っ張られてゆく2人のシーンとか/爆
で、やっぱりどの作品でも主人公は元気のいい女の子なんだよねv

決戦の前の晩に、ポルコの横顔が一瞬だけニンゲンに戻っている場面があって、スゴイかっこよくて惚れるっ!
暗闇の中でランプに照らされて、見えるか見えないかのギリギリな角度がニクんだけど、何度も見返してしまった
ポルコはこの後、結局どぅーしたんだろう?肝心な結末を描かずに、観客に想像させるのが宮崎さんのセンス。
こないだ読んだウエストールの挿絵に出てくる本人はポルコに似ている。
もしかして、彼は宮崎さんの分身キャラか?!憧れか。
空に惚れて行方が分からなくなったサン・テグジュペリと同様に、ポルコもまた空に魅せられて地上を忘れてしまった男なのかも。

音声には日本語のほかに英語と、フランス語まであった!しかもマイケル・キートンやジャン・レノが担当!
言葉や声優が変わると随分とキャラの印象も違って見えるね。
やっぱり日本語が一番合ってると思う。なにせポルコ役の森山周一郎さんの声は激渋だしv


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 美容院 | トップ | 町歩き@両国 その5 江戸... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
男らしさはブタに学べ! (面白ブックマーク♪)
 「カッコイイとはこう言うことさ・・・」 今夜放映されますね♪ 自薦、宮崎アニメの最高傑作!「紅の豚」 男の生き様をブタに学ぼう♪♪ ←あなたのポチ♪が励みになります!...