メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

ガブリエル・バンサン『セレスティーヌ アーネストとの出会い』

2016-11-05 21:39:30 | 
『セレスティーヌ アーネストとの出会い』(ブックローン出版)
ガブリエル・バンサン/作 森比左志/訳

「作家別」カテゴリーに追加しました。

まず嬉しかったのは、表紙裏に「貸出期限票」とポケットがあったこと
昭和63年初版だから、スタンプも同じ年から始まっている

 

そして、表紙裏には、可愛いセレスティーヌの寝顔やらが愛おしく描かれていること
まるでアーネストが絵筆をとって、日記といっしょにスケッチしたように



以前、バンサンの注釈でこのクマとネズミの物語りのことを知って、
てっきり、フツーの絵本のように、きっちり絵の具で塗られた作品なのかと思っていたけれども、
私の好きなほぼデッサンのスタイルの絵本シリーズと分かり、

嬉しいとともに、また全部読みたい!意識が芽生えてしまい
どこまで追えるか分からないけれども、一応バンサンのカテゴリーは年代順に変更・追加して
図書館で借りられるだけ借りたいと思った

だから、タイトルには“出会い”とあるけれども、これはアーネストが後々に思い出して書いた設定なのかも
もう1冊いっしょに借りているが、私の性格的には最初から順を追って読んでいきたい


あらすじ(ネタバレ注意

アーネストが日記を書き始める場面からはじまる


町で掃除夫をしていた頃、ゴミバケツから音がして
見てみると、ネズミ(だよね?)の赤ちゃんを見つける



ひと目で愛してしまったアーネストは、その子を自宅に連れて帰る
子育てなどしたこともない一人暮らしなのに、かいがいしくミルクをあげたり
あやしたり、子守歌を歌ってあげたり

名前は、いろいろ考えた末にセレスティーヌと名づける

片目を開けただけで大喜びして「あの子が初めて僕を見つめたんだ」と日記に書く



すっかり夢中で外にも出ないアーネストを仲間が心配して、家に来る(ここはクマの世界なのかな?

「どこから、その子を連れてきたんだ?」と問い詰められて、とうとう警察沙汰になる


ゴミバケツから拾ったと証言して笑われてしまうアーネスト

でも、家に戻ってホッとした時の表情がなんともいえない/涙


「セレスティーヌは誰にも渡さない 渡すものか!」

近所のおばさんは、自分たちの子どものお古をあげる




(こういう世話焼きおばさんが、現代の都心に減ったってことなんだな

可愛い服を見て、大喜びのアーネスト


「みんなを一度お呼びしなくちゃね」とセレスティーヌを仲間にお披露目する
(こういう、ほんのちょっとのキッカケから、人の心はときほぐれることがある

友だちのアーノルドにも紹介する

(この子もネズミ?

ハンモッグでよく寝ていると思っていたら、なんだか様子がおかしいセレスティーヌ


慌てて病院に連れていくと、「お預かりします 心配いりませんよ たいしたことありませんから」

すっかり食欲もなくなり、13日も過ぎたのに容態も分からずじまいで
とうとう酒浸りになってしまうアーネスト(病院からなにも連絡がないのも変だな



3週間も経って、いてもたってもいられず
病院に駆けつけ、ベッドに並んで寝かされているセレスティーヌを無理やり家に連れ戻す



アーネストの愛情をいっぱいに受けて、次第に元気になるセレスティーヌ(病院のクスリより、愛情だね

「おやすみセレスティーヌ 僕はいつでもそばにいるよ」


僕とセレスティーヌの物語りは
これからもずっと続いていくのです




『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『5つの銅貨』(1959)... | トップ | フィギュアスケート ロシア... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。