メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

ウィンブルドンテニス2017 準々決勝 ほか

2017-07-18 11:27:11 | テニス
国会中継で時間がズレて1回放送分が録画出来なかった
こういうイレギュラーにも対応してほしいな、せっかくデジタルなんだから



アナウンサーと解説者もこの長丁場を選手とともに戦ってるようなものだね
2週間の間、一体何時入りして、何時まで働いているのか?
選手よりも長い時間、ずっと現地にいるわけだし

マレーが敗れて、まあ、優勝は今年もフェデラーあたりだろうと見切りをつけて
あとの録画は飛ばしながら観ました/謝


<芝の剥げ具合>

 

今年は初日のほかは晴れた、暑い日が続いたため、選手たちは「例年よりも滑りやすい」と言っているそう

辻野:
土が露出したところが滑りやすい
芝と土との段差でも足をとられる


<男子ベスト4>



ナダル×ミュラー 2-3ミュラー
 

男子テニスは、なんとナダルが敗退
2-2から第5セットはタイブレイクがないため、15対13って!! 最長記録に迫ったのでは?
ナダルは相手のマッチポイントを4本しのいで、4時間48分の激闘だった 約5H!!

試合後、ナダルは勝ったミュラーを待ってから退場
 

辻野:
ずいぶん長いこと20秒ぐらい待っていたと思う ナダルの人間性が表れていた

(泣ける 相手へのリスペクトだな
 ウィンブルドンの1勝は特別だから、勝者はもっと余韻に浸っていたいだろうけど

観客へのサインにも応じた ミュラーは完全アウェイ状態だったのかも

ナダルは「怠惰」? ボールキッズに対する選手の振る舞いが物議、ウィンブルドン
5時間も戦ってて、ゴミを拾う余裕もなかったのでは?
我を忘れて集中している選手が、時にボールパーソンやラケットなどに当たってしまうのもムリはない
人間だもの


準々決勝 マレー×クエリー
やっとここでマレー登場 なんでNHKはマレーよりジョコビッチやフェデラーばかり放送するんだ???
腰を傷めていたのか プレー中は分からなかったけど、練習後、歩く時に痛そうだったとか

辻野隆三:
マレーの調子のアップダウンが試合の流れを左右していたと思う
ファーストサーヴの入りが悪かったのも原因(やっぱり

全然、画面が止まらずに観れるのはストレスフリーv


マナリーノ×ジョコビッチ 3-0J
 
途中、メディカルタイムアウトをとる場面もあった




クエリー×チリッチ
チリッチは、ウィンブルドン初の決勝戦進出
クエリーは、あれだけマレーを苦しめたのに、勝負は分からないものだね



フェデラー×ベルディッヒ
フェデラーは、どの試合を観ても、プレースタイルが安定していて
私的には面白味が感じられないんだよね/謝
どれもまったく同じゲームを観ているよう




<女子ベスト4>



4回戦 ヴィーナス・ウィリアムズ×コンユッヒ 2-0ヴィーナス
 


4回戦 オスタペンコ×スビトリナ(第4シード) 2-0オスタペンコ(ラトビア)
ウィンブルドン初のベスト8に進出


準々決勝 ヴィーナス・ウィリアムズ(11位)×オスタペンコ(13位)


初めての対戦(ランキング的にはあまり変わらないんだね/驚
今大会初めて屋根が閉められたセンターコート
今日だけでも女子の準々決勝が4試合も行われる

37歳で20回目のウィンブルドンになるヴィーナスと、
あどけない少女といった感じのオスタペンコは3回目のウィンブルドン ベスト8が最高
全仏優勝したってスゴイ

全仏優勝してベスト8に入った選手は、ここ10年でも、2015年のセリーナしかいない

ヴィーナスは、グランドスラム75回目の出場は史上最多
ここまでウィンブルドン85勝14敗 決勝まで行けば、妹のセリーナを抜くという試合
すげー記録だなあ この姉妹は!

2人ともハードヒッター

3年前のジュニアのウィンブルドン優勝の経験があるオスタペンコ
ラトビア選手としては初 伸び盛りな相手がベテランに挑戦する姿はイイね

森上:
屋根が閉まると、お客さんが入って多少湿度が高まり、芝の状態も変わると思う

ビッグママもインパクト大だけど、いつも隣りにいる女性も負けじと強烈キャラ 彼女は誰だろう?



コンタ×ハレプ 6-7 7-6 6-4 コンタ
「マッチポイントで女性の悲鳴が聞こえて、集中出来なかった」
話していたニュースを読んだけど、たしかに聞こえた
地元1万5000人のファンの一斉のため息とか
完全なアウェイ状態だったのがうかがえる

コンタは1978年ヴァージニア・ウェードさん以来
39年ぶりのイギリス人女性選手ウィンブルドンベスト4進出がかかっていた

瀬戸際の粘りに強い

これが錦織で、場所が有明とかだったら、同じように興奮するだろうな


ムグルーサ×リバリコーワ
ムグルーサのワンサイドゲームで勝利 コーチは、コンチータ・マルチネス!!

 


ヴィーナス・ウィリアムズ×コンタ 6-4 6-2 ヴィーナス
ヴィーナスは8年ぶりの決勝進出

 




『テニス』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドラマ『花の鎖』(2013) | トップ | レジェンドの名勝負まとめ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。