メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

ART of ROCK & GRAFFITI@Bunkamura ギャラリー(2017.5.18)

2017-05-19 12:12:37 | アート&イベント
ART of ROCK & GRAFFITI@Bunkamura ギャラリー(2017.5.18)
2017/5/18(木)~30(火)





《出品予定アーティスト》
バンクシー / シェパード・フェイリー / カウズ / ドルク / マーティン・ワトソン
ニック・ウォーカー / Mr.ブレインウォッシュ / ジェイミー・リード / リチャード・アヴェドン / ブライアン・ダフィ その他多数


【ブログ内関連記事】

DAVID BOWIE is@寺田倉庫G1ビル(2017.3.22 ネタバレ注意)
ドキュメンタリー映画『DAVID BOWIE is』@Bunkamura ル・シネマ(2017.4.6 ネタバレ注意
鋤田正義 写真展:SUKITA / M Blows up David Bowie & Iggy Pop@キヤノンホール S(品川)(2017.3.2)


クリニックの後に、今日から始まる個展に行ってきた

その前に腹ごしらえで、焼き魚定食美味しかったv



渋谷に着いてビックリ!!
今日は曇りマークだったのに、モーレツな豪雨!

出る時にさしていた日傘(雨兼用)をさしたら
前から弱くなっていた骨がバキッと折れて、させませんよ・・・

雨宿りがてら、日傘を探すか、と慣れない渋谷のデパートをいくつか周ったけれども
近くの店でみんな競って買っているビニール傘は1本1000円

ビニ傘って昔、100円くらいで売ってませんでしたっけ?
しかも、1回使って家に持ち帰っても、普段はかさばる長い傘を持ち歩かないから余ってしまう

結局、見つからないし、足も疲れてきたし、ラッシュアワーにひっかかりたくないし
またわざわざ渋谷まで来るのは難儀だが、出直すか・・・と外を見たら
すっかり止んでいる 1時間ほど過ぎて、雨雲が通り過ぎていた

なら、せっかく来たんだから行こうと、ちょっとムリして行ってみて大正解v

 





D.ボウイとピストルズのポスター目当てだったけれども、
今回、貴重なアーティストと出会うことが出来た

バンクシー

Banksy

かなり強烈な社会風刺の絵が多くて驚いたので、今回の個展の企画者の方にいろいろ伺ったら
バンクシーさんは、普段は道端の壁に描いたりしているから
その建物が取り壊しになると、壁に描かれた絵が数千万円で取引されるほどの人気だとか/驚

イギリスの作家だが、顔を出さない








企画者の方いわく、今回の展示も前回から4年も経ってしまった
これだけの作品を集めるのも大変だし、テーマがパンクなため、場所を借りるのも限られるそう

渋谷よりむしろ銀座のギャラリーのほうが、いろんな若いアーティストが自由にできるってビックリ
「F××K」とか思いきり描かれたピストルズの有名なポスターなんか見慣れた感があるけれども
日本のお客さんのほうがうるさくて、イギリスのほうがずっと寛容だというのもまたビックリ/驚×5000



マドンナのアップはウォーホルのマリリン風
2枚あって、大きいほうはなんと原画!
でも、私的にはシルクスクリーンのほうが色が強くて好み

企画者さん自身が、「かなり好みが偏っているのでw」と教えてくれたのは
ブラック・サバス(名前だけ知ってる)や、「ブラック・フラッグ」(なかなか音源も手に入らないとか?




ほかにも、ビートルズも多かった
ジョン&ヨーコのいい写真とサイン代わりのイラストもイイ
3Dの写真もあって、どこをどう流れて、ここにあるのか貴重すぎ

私が分かる範囲では、ほかにはカート・コバーン、ストーンズ、WHO、パティ・スミス・・・
どれも50万とか、100万とかすごいお値段
写真集も気になった

***


第16回かずこ展~風が吹くとき(2017/5/17(水)~5/23(火))

風が吹く

誰かの声が通りすぎるように

風を待つ

誰かの声を聞くように

風と行く

誰かといっしょにいるように

(かずこ)


<かずこ プロフィール>
通訳者として長年にわたり勤務したのち、武蔵野美術大学通信課程に入学。
卒業後、個展を中心に意欲的に作品を発表。Bunkamuraでは4回目の個展となる。

オフィ




こちらも感動したなあ!
ボウイのアドカードの横に、もう1枚、木の絵のカードを見た瞬間、私の好みだと直感した
1本の木、灯台、空を滑空する鷹(鷲か?)・・・どれも大好きなモチーフばかり

最初は明るい色の重なりに魅了され、中盤は夜空があり、後半は鉛筆のデッサン










砂漠のような場所であてもなく彷徨うような1人の姿が胸を打つ
でも、タイトルは「前へ」という意味合いの言葉が多い

そして、ガラス窓に向かってイーゼルにたてかけてあるのはアドカードの絵
なんとも言えない色の重なりの空が明るめなのが救い
黒い木、ヒト、地面を観ていると、なぜか胸を締め付けられるようで泣きそうになった

テーマの「風」とは、どんな風だろうか
いつか、宮崎駿さんが『風立ちぬ』の風は、穏やかな自然の風ではなく、
震災や、爆風に近い風を意味するとツイートで読んだことを思い出した


2回周って、近くに立っている女性の方がいたので、話したら作者の方!驚
またまたここでもつい長話をしてしまった

ムサビを出て、海外も周り、写真を撮って描いたものもある
数年経った記憶をたどって、住んでいる二子玉川の河川敷の風景などもいろいろ混ざっている
(高い建物もなく、自然も残っていそうだね

私「描き始めて10年でここまで描けるものですか!?」
かずこさん「とにかく“好き”と“つづけること”ですね」

なるほど


いろいろ絵の感想を話したら、一人の人物は
か「自分自身も入っているだろうし観た人それぞれでいいと思う」

私はきっと自分が反映して切なくなったのかもしれない
途方に暮れて、故郷に帰ろうとしている兵士にも見えた

かずこさん
「今回は“前へ”というポジティヴなイメージで描いたつもり
 いろいろあるだろうけれども、それでも前を向いて行けるよう、背中を押せる絵が描けたらと

この木の絵も、他の絵も、実は何度も何度ももとの絵の上に絵の具を重ねて描きなおしているそう
だから、こんな複雑な重なりの魅力的な色が出ているんだな

私「よく、どこで止めるかが難しいっていいますよね」

か「そうなんです もうちょっとって所で止めておかないと
  描いていると、こうなって(根をつめて)しまうから

  しばらく置いておくんです この絵は何度もそうして、結局1ヶ月放っておいた
  で、やっとこういう形になった感じ

  だから、よく観てもらうと、黒い木のところに少し下の青が見えているんです
  木とかは黒いけど、空は明るめにした そこで救われるように」

ほんとに試行錯誤して生まれるものなんだなあ


旦那さんが働いていて、自分の売れた絵の収入は、もっと良い画材にあてている
こちらも数万円以上の値ばかりだけれども、絵の下には、すでに売れた赤いシールがいくつも貼ってあった

私「売れる時は里親さんに渡すような気持ちでしょうね」

か「ほんとにそうです ギャラリーだと、買う人の顔が見れるのがイイ あ、この人なら大丈夫だなと思う」

SNSはやっておらず、HPに作品を載せているとのこと
ここで個展をやるのは1年に1度ほど あとは世田谷のほうで年2回ほど
京都出身なので、京都でもやっている

購入した方には、かずこさん自身が選んだフレームをつけてくれる
私は木が好きだけれども、

か「額は基本的にシンプルなものを選んでいます 絵の雰囲気を邪魔しないように
  この木の絵にはシルバーとか合うかも」


こんな絵が1枚、部屋にあったら、どれほど心が癒されるだろう
私も全部買いたいくらいだけれども、今生ではムリだな
まず、白い壁の広い部屋が必要だ

好きなことが仕事になるって素晴らしい
それには、それだけの好きの力と努力と継続力が必要なんだ

迷った末に行ってよかった 帰りはすっかり雨があがって明るい空だった
今日も佳き1日でした/感謝×5000





追。

渋谷駅構内で、大豆のベーグルが売られていたので買ってみたv

トライベッカ・ベーカリー
大豆パン チョコレート


普通のクランベリーのベーグルも美味しかったけど、大豆のはさらにアッサリ味で、これもありv



追2。

最近、ライヴ友さんと出かけた時に、秋田県の観光パンフレットに
超可愛い秋田犬さんがたくさん載ってるのがあってはしゃいだんだけれども
駅構内にそのポスターがずーーーーっと並んでいて、思わす写真を撮りまくった
光が反射して、色が飛んでいますが














究めつけは、大ちゃんのセクシーすぎる巨大ポスター!



最初、ミュージカルか演劇のポスターかと思った
ほんとに色気のある人だなあ この1枚の写真だけでも十分ドラマティック
クリスティ・ヤマグチさんとの共演て観てみたい!


『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『産業士官候補生』眉村卓/著... | トップ | topics~真心ブラザーズ、9... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アート&イベント」カテゴリの最新記事