メランコリア

メランコリアの国にようこそ。
ここにあるのはわたしの心象スケッチです。

「ムーミン絵本の世界展」@銀座松屋(2016.12.6)

2016-12-07 13:33:07 | アート&イベント
友だちから教えてもらったムーミンのイベントに行ってきた/礼

出かけるのが億劫になった昨今、とっても気持ちのよい晴れで
日中はコートもいらないほど暖かかったから、ボーっとしながら家を出た

銀座も久しぶり

まずは郵便局に寄った
ここにもインクカートリッジの回収箱があったか・・・持ってくればよかった

シール切手の種類はいろいろあったけど、52円のほうは少なくて、冬仕様のを買った



「アンティーク絵葉書の魅力」なんていうちょっとしたギャラリーコーナーもあって
今は郵便局もいろいろ楽しい キャラクターグッズも置いてあるし

 

 

マルクスbros.のグルーチョみたいな紳士がいるw


いろんな手作りイベントも豊富/驚
 

 



「ムーミン絵本の世界展」@銀座松屋(~12月7日(水)まで)
“リーナ&サミ・カーラ夫妻の絵本原画約80点が日本初公開となる。”



トーベ・ヤンソン(ウィキ参照

ヤンソンさんの原画展かと思ったら、ちょっと趣向を凝らしていた
入り口の数点は写真撮影可能

 










リーナ&サミ・カーラ夫妻が、オリジナルを使って、絵本を制作する過程を紹介したVTR(5分間)

コミックだけでも4000コマある中から、部分、部分を使って組み合わせたり
表情や動きを少し変えたり、この動画だけでも見応えあり

1.オリジナルを手描きで模写
2.パソに取り込み、修正、着色

今のパソコン技術はスゴイなあ!
最初は手描きの模写(これもソックリですごいけど)からはじまって、
パソで拡大して、余計な線を消したり、足したり、みるみるうちに色づけまでの早業!

 

 




トレペの下絵原画
元になった絵、それをトレペに描いた絵、修正した絵を並べて見比べることができる
細かい部分を修正ペンで直していて、こうして絵本が出来ていくのか、と関心しきり

2013『ムーミンパパの灯台守』(筑摩書房)ほか

私が読んだシリーズとは別に、どんどん新しい話が出ているのか?!
読書感想メモリスト参照

 

 

 

 

その他、
彩色原稿
マックのハッピーセットのイラスト?

などなど

仕掛け絵本の中には、ママがいつも肌身離さず持っているバッグの気になる中身について紹介していた!
バッグの形の本がすでに可愛い

ミィとスナフキンが出会う最初の場面で、
ミィはママの裁縫道具の中で眠って流されているところを
スナフキンに釣り上げ?られるのだけれども、
いやいや、もっとドラえもんのポケットな勢いで入ってる気がするなあ
ムーミンママのイニシャルで「MM」て書いてあることも分かった




私が好きなのは、ミィとスナフキン
とくにミィの、いつもなにかたくらんでいるような、好奇心いっぱいの目つきは可笑しい
ブロンドのように彩色されていたけど、初めて知ったような???驚

しかも、ミムラ夫人の17人の子どもの末っ子って、どんだけ子沢山/驚

ミムラ夫人が子どもたちを夜中に急に連れてきて、
それぞれの部屋をメチャメチャにしちゃうけど、ミムラ夫人いわく
「子どもたちは、ちゃんと自分のことは自分でできますから」と余裕の微笑み

かれらが帰った後、さすがのママも「あと1秒ももたなかったわ」ともらすw
すべて片付け終わった後、屋根裏で怪しい物音がするので幽霊かなにかだと思い見に行くとミィ!
「私、ここに住むことにしたわ」

最初から大騒動の連続で、ついに「自分の家をもったらいい」という話になるけれども
そこでもいろんなことがあったよう

フローレンがムーミン一家と住んでいる設定にも驚いた


『それから、どうなるの?』(1993)11分 アニメ

リーナ&サミ・カーラ夫妻によるアニメーションで、これはスウェーデン語???
ヤンソンさん自身の朗読によるもの/驚
実は、朗読も上手くて、録音も数多く残されているんだとか

言葉が分からないというよりも、話の展開がシュールすぎてわかんない



水筒を持ったムーミンが森の中を歩いていると、
いろんなフシギな生き物に出会い
やけにデカい太陽の前?でミムラさん姉さん?が泣いている

理由は分からないが助けることにしたムーミンと一緒に別次元ポケットみたいな所に入る

そこは青い岩だらけで、器用にぴょんぴょんと跳ねていくと
ヘムレンさん?が掃除機でゴミを吸っていて、2人も吸われちゃう!
(大きさの比較がどーなっちゃってるのか、夢の中みたい

その掃除機をミムラ族の1人がハサミでチョキンと切っちゃう
(ミムラ族はみんなイタズラ大好きなのかなw

そこから無事出られたムーミンとミムラ姉さん

・・・たしか、こんな感じ めでたし、めでたし・・・なのかも不明w



ショップ(再入場は不可
想像通りの混みっぷり 人の間を縫って、まあ、よくあるショップの品揃えをひと通り見て、自分にはマステを購入v



 




松屋は北欧雑貨推しで、リサ・ラーソンさんのもあったのか、見ればよかった
てか、最近、どこにでもあるね



 

 










まだ15時頃だったから、カラダも鈍ってるし、すこしお散歩
それぞれ趣向を凝らしたクリスマスのディスプレイが楽しい時期

この巨大なクマさん 目をつぶったり開いたりして、首が動く!!

 

ギャラリー巡りもまたしたいと思いつつ、けっこう気力体力が必要なので、今回は1、2軒入っただけ
昭和喫茶もちょこっとだけ見つけた

そいえば、朝トースト食べただけでお腹が空いたと思い放浪したけど、
量が食べられないから、店選びが難しいんだよね、毎回

結局、ひと周りして、有楽町駅近くの無印でゴハンにした
3点(温かいおかず1点+冷たいおかず2点+ご飯かパン)のセット+味噌汁150円で1000円

どれも手作りで美味しかった 野菜もシャキシャキで栄養まとめて摂りましたv
 

無印のお菓子でできた家可愛かったあ! 写真撮影可v
 



●LOFT(無印と併設
こないだ観た映画「パーム油」のものは買いたくないと思い、
以前から買ってる無添加ものがいろいろあったので、いくつか購入v





<その他のチラシ関連 インスタにも載せます>

 




帰りはさすがに寒かった!
1日中、強い北風ぴゅーぴゅーだったし

でも、よく歩いて、いろんなものを観て刺激をもらって、今日も佳き1日でした~/感謝


ムーミンが主題のテーマパーク「ムーミンバレーパーク」が2019年春、埼玉県飯能市にオープン

「あけぼの子どもの森公園」もムーミン谷をかなりリアルに再現していてよかった
このリンク先の柴犬ファミリーさん、なんて可愛いの

「きのこの家」は、一度全焼したよね?


「森の家」にはたくさんの絵本もあって、読み放題 ここに住みたい

ほかのテーマパークとは違って、グッズは入場券を買うところにちょこっとしか置いてなかった記憶がある

池にのびた桟橋?も、いかにもスナフキンが釣竿を垂らしていそうな雰囲気だった
また行きたいなあ 遠いけど・・・




『芸術』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ホントの「私」が見つかる... | トップ | 『ママ・エレーヌの本当の自... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。