MY LIFE

好きな音楽の話、他愛ない日々の話を綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

GREEN DAY Japan Tour 2005

2005-03-20 10:10:51 | LIVE

GREEN DAY Japan Tour 2005
3.19(土)@幕張メッセ
 OPENING ACT:SUGARCULT



彼氏が急遽仕事で行けなくなったので1人参戦。
余ったチケットも無事捌け、会場に辿り着くとものすごい人人人。
しかし入場前に問題が・・
クロークに預けるのがイヤで荷物はウエストバッグに小さくまとめて来たのに、
荷物一切持込不可だと。小さなポーチすら持ち込むなと。
ポケットないのに貴重品どうすんだよ?と食い下がってみたもののあえなく却下。
そこまで規制する意味が全くもって分からない。無意味。
その時点で戦意喪失して帰ろうかと思った。
が、やっぱり幕張まで来たのに帰るのは惜しいので、
結局言いなりにクロークに荷物預けて入場。

デカい会場に一人ぽっちはさすがに心細い。
一人参戦はzeppが最高規模だったが、記録更新。

始まりのアナウンスが流れてSUGARCULT登場。
1曲も知りません。盛り上がれません。あくびがとまりません。
私の斜め前の女の子たちは異様な盛り上がり。
人は興奮するとあんな風になるんだなぁと冷静に眺めてた。
私の後ろにいた男の子たちも彼女たちに釘付けのご様子。
さらにはSUGARCULTがTOKYO~!と煽る度に「千葉だよ」とお決まりのツッコミ。
しかも毎回のツッコミはウザいです。分かったからもうやめて。と言いたかった。

SUGARCULT終了し、セットチェンジの時間。
見上げると天井から下がってる照明からはしごが下りてきて、人が上り下りしてる。
す、すげー。会場盛り上がる。あんな高いところで仕事すんだ・・脱帽。

そしてウサギとゴジラ(?)登場。ほぼ見えず。
そいえば開演前やセットチェンジ中に流れてた音楽の選曲がなかなか良かった。

しばらくしてやっとGREEN DAY登場!
いきなりAmerican Idiotです。一気に上昇。会場もすごい盛り上がり。
それからBasket CaseやらMinorityやら盛り上がらない訳がない曲が続いて、
私の息切れも甚だしい。楽しい!苦しい!楽しい!の連続です。

いつも通りなステージングに安心して楽しめるのが嬉しい。
そしていつも通りに「ギターヒケルヤツ!」かと思ったら、
「ドラムタタケルヤツ!」から始まって「ベースヒケルヤツ!」「ギターヒケルヤツ!」
おーすげー!!全パートに観客乗せる気だ!
ドラムの人は下手だったから戻された?よく見えなかったけど。
ベースとギターはちゃんと弾けてた。ベースの人とか盛り上がっちゃってる。
しかもギターの人はビリーからギターもらってた!羨ましい!!

そんなこんなで大盛り上がりの中終わってしまった。

アンコールも観たかったけどクロークの混雑に巻き込まれるのがイヤで早めに退散。
会場を後にしながら外まで漏れ聴こえる音に一人小さくノリつつ帰路についた。

コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« THE COVENTRY AUTOMATICS AKA... | トップ | SUMMER SONIC 2005 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【ライブレポ】GREEN DAY@幕張メッセ (BCLブログ)
近えよステージ。シェルターっかつーの。...