目指せダービー制覇?

流されるな意志を持て人生はまばたきする間に終わる!

オーシャンS・チューリップ賞・弥生賞結果

2017-03-06 12:22:04 | 競馬予想

いつもなんか足りない予想でゴメンよ

 

3・4中山オーシャンS結果

1着◎9番 メラグラーナ  1・08・3

2着▲2番 ナックビーナス  1/2

3着 4番 クリスマス    アタマ

まあ安いやつ的中

もっと荒れると思っていたが人気サイドで決まった

ナックビーナスが思ったより売れて当初考えていたのとは違った

レースは前半33・6

後半34・7とペースは普通で実力の出たレースでした

勝ったメラグラーナは高松宮記念でも好走出来そうな内容でしたので

大混戦模様の高松宮記念では上位になると思います

それと気になるのが5着ブラヴィッシモ

連闘で出走してきたが内から上がり最速の33・6であわやって切れだった

この結果から高松宮記念はファストネットロック産駒2頭が有力じゃないか?と思います

 

阪神チューリップ賞結果

1着〇10番 ソウルスターリング    1・33・2

2着  7番 ミスパンテール       2

3着◎ 3番 リスグラシュー        1/2

4着▲ 1番 ミリッサ           3/4

でした

ハズレです伏兵にやられた

まあソウルスターリングの強さだけが際立ったレースでしたね

驚いたのが2着ミスパンテール

去年札幌の新馬勝って放牧して2戦目がチューリップ賞

ここで目一杯の仕上げで結果を出す

これは昆厩舎の見事な仕事だと思います

馬主さんからしたらクラシック路線に乗ったしいいことづくし

本番もペースが速くなるしこの脚が使えるなら桜花賞でも面白い

1着ソウルスターリング

心配していたことが全部払拭された

現状注文つけることはない完璧で強い

心配は馬体重だったがプラス4kgで出てきたこと

関東馬は輸送でマイナス体重になることでレース惨敗することもあるが

ソウルスターリングは完璧な状態で出走してきた

桜花賞でもう一回輸送があるがこれなら本番も心配いらないね

 

3着リスグラシュー

スタートしてしばらく馬群落ち着くまで折り合いというとこはイマイチだったと思う

4コーナーの抜け出しも良かったが

最後の伸びが思ったより切れなかったのは前半にあるのではないか?と思います

ソウルとは際どいかな?と思っていたがちょっと残念な結果だったね

それと馬体重がデビュー最高の438kg

切れという事を考えれば桜花賞でマイナス6kgの432kgで出てくればソウルと勝負になるかもしれない

力負けのように見えるが本番で逆転するのがハーツクライ産駒まだまだ見限れない

4着ミリッサ

内枠で包まれてしまったが馬格が小さいのに現状良く走っていると思います

正直なところ3着に入ってくれれば桜花賞で外枠なら買えたと思う能力があった

まあ桜花賞はスルーしてオークスに目標変えて不気味な存在になって欲しいね

チューリップ賞の結果は桜花賞に直結しそうな結果です

1~4着馬の上がり3F

ソウルスターリング33・8

ミスパンテール  33・7最速

リスグラシュー  33・9

ミリッサ     34・1

この4頭が上がり1位から4位なので展開一つで着順が変わることもあったと言える

 

 

3・5中山弥生賞結果

1着 11番 カデナ       2・03・2

2着△10番 マイスタイル      1/2

3着▲ 4番 ダンビュライト    1・1/4

ハズレです

ヤバイ軸間違えた

それと去年と全く一緒の馬番結果だね

チューリップ賞同様またしても昆厩舎の馬にやられた

このレース主役は2着マイスタイル

スタートからハナをきり前半63・2と超スローペースに落とした

前残りの展開で3コーナーから流れが速くなる

余力残して直線粘るマイスタイルを外から人気馬が捉えにかかるが

前半の貯金と後ろの馬に上手く脚を使わせていたので思ったより伸びない

でもカデナが最速の脚を使い半馬身先着できたという内容でした

最速上がりが34・6なのでマイスタイルが他馬にスタミナ消耗させて脚も使わせていたということ

カデナは強いとは思いますがまだ主役というまではいかないかな?

予想で極端な競馬にならなければと書いたが極端な競馬になったね

5着◎サトノマックス

勝ったカデナと同じ34・6の脚を使ったが伸びきれず

負けたのは4コーナーで膨れたのとカデナに馬体を併せらなかったこと

まあキャリアの浅さが出たレースでしたね

でも内容はスローペースにもかかわらず良かったと思います

改めて期待したい

タレレバですがこのペースだったならバリングラのほうが良い結果出たかもね

 

8着〇グローブシアター

意外な結果だったね

鞍上の川田騎手は終始進んでいかないし時間がかかるタイプかもしれないと

兄エピファネイア・リオンディーズと違い気性は大人しく扱いやすいのですが

逆にそれが闘争心に繋がっていないのでしょうか?

エピファネイア・リオンディーズに比べて馬体重も軽いし

全く違うタイプと考えた方が良いのかもしれません

このあとは2・3戦様子みないと馬券に繋がっていかないね

 

9着☆ダイワキャグニー

番手でレースして残れる展開だったがレースの後のコメントで新事実が発覚

馬の左右のバランスが違うのでコーナーで加速するのに苦労した

これが原因か?直線で伸びきれなかったと

これは右小回りのコースが合わなかったということだな

こういう情報は負けてから分かるので非常に厄介な情報

まあ皐月賞向きではない血統だしNHKマイル辺りで好走しそうだね

今のところサウスポー(東京・中京・新潟)という馬と覚えておこう

 

3着ダンビュライト

混戦模様なら安定して走れる馬今回もさすがと言った内容でした

 

的中3連発期待してただけに1つしか当たらず残念な結果になってしまいました

今週また一からやり直しです

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オーシャンS・チューリップ... | トップ | 出走結果 »

コメントを投稿

競馬予想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。