目指せダービー制覇?

流されるな意志を持て人生はまばたきする間に終わる!

有馬記念予想資料サトノダイヤモンド

2016-12-20 12:07:26 | 競馬予想

昨日の各スポーツ紙は有馬記念のネタばかり

でも有馬記念は過去のデータが結果に出やすいレースなんだよな

今年の有馬は12月25日ということで

過去の12月25日の有馬記念のデータ

調べたところ1983年から

1983年

1着リードホーユー3才

2着テュデナムキング3才

1988年

1着オグリキャップ3才

2着タマモクロス4才

1994年

1着ナリタブライアン3才

2着ヒシアマゾン3才牝

2005年

1着ハーツクライ4才

2着ディープインパクト3才

2011年

1着オルフェーヴル3才

2着エイシンフラッシュ4才

 

このデータで見えてくるものは・・・

3才馬が連対している

そのうち菊花賞馬が3頭(同一年は2頭でディープは翌年有馬制覇リードホーユーは菊4着からV)

それともうひとつ

菊花賞勝ちした馬の同年有馬記念成績過去10年

 

2006 ソングオブウインド 不出走

2007 アサクサキングス  不出走

2008 オウケンブルースリ 不出走

2009 スリーロールス   競走中止

2010 ビッグウィーク   不出走

2011 オルフェーヴル    1着(3冠)

2012 ゴールドシップ    1着(2冠)

2013 エピファネイア   不出走

2014 トーホウジャッカル 不出走

2015 キタサンブラック   3着

2016 サトノダイヤモンド ???

過去10年では

1着2回3着1回競走中止1回

不出走が6回

菊花賞馬が有馬へ出てくればかなりの確率で馬券に絡む

菊花賞から有馬記念のローテーションの印象を植え付けられたのは

1995年のマヤノトップガン

今年のサトノダイヤモンドはマヤノに似ている雰囲気がある(勝負服の色とかね)

 

それと枠も味方するかもしれない

1983年からデータ調べたが印象に残ったのは

6番枠に入った馬が4勝している

1985 シンボリルドルフ

1986 ダイナガリバー  広島リーグ優勝

1996 サクラローレル

2013 オルフェーヴル

 

注目は86・96・06・16年

〇6年の時に3枠か6番枠が出やすい

広島がリーグ優勝した86年

ミスター赤ヘル山本浩二が引退(背番号8は永久欠番)

赤ヘル=赤帽=3枠と答えが出る

しかし86年は出走が12頭だったのでダイナガリバーは4枠(青ライオンズブルーだね)6番だった

2016年は広島リーグ優勝

ミスター男気黒田博樹が引退(背番号15は永久欠番)

86年と16年は似ているな

逆に2006年は

6番枠は来なかったが3枠は来た

3枠4番ディープインパクト

 

それで結論は

菊花賞馬が有馬記念へ直行した場合連対に絡む

〇6年の時は3枠か6番枠が1着を獲る

以上のことから

3才菊花賞馬のサトノダイヤモンドが3枠もしくは6番枠に入った場合はほぼ有馬記念勝つと結論づけました

 

補足ですが

86年西武と広島の日本シリーズで西武日本一

チームカラーは青と赤

有馬記念は6番1着4枠青帽だった

16年北海道日本ハムと広島の日本シリーズで日本ハムが日本一

チームカラーは

橙と赤

有馬記念は7枠も要注意

参考まで

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 有馬記念予想資料(オカルト) | トップ | 今週の出走 »

コメントを投稿

競馬予想」カテゴリの最新記事