目指せダービー制覇?

流されるな意志を持て人生はまばたきする間に終わる!

千葉S結果

2017-03-21 11:41:13 | 競馬予想

ほぼ当たると踏んでいたが

こういうときに限ってペースがオカシイ

3.19 中山10R  千葉S 結果

1着10番 ナンチンノン   1・09・9

2着15番 アトランタ      2

3着11番 アールプロセス   1・1/2

でした

カスリもせずハズレ

ただこの時計めちゃ速くない?

ダートの良馬場ですよこれ

上位3頭はダート重か不良で9秒台を出したことがある馬

一方私が推した3頭は

4着ニットウスバル

7着ナリタスターワン

8着ワディ

持ち時計が1分10秒台で高速決着に向いていない

ラップタイムを見ても一目瞭然

11・7-10・5-11・0-11・7-11・9-13・1

テンが早く10番・15番はレースを引っ張る

前半33・2は芝のスプリンターか?って思うほど

さすがに後半は36・7とかかったが

気持ちよく逃げた2頭はスイスイ走っていた

後ろの有力馬は垂れると思っていたので潰しに行かず

直線で慌てて仕掛けるが届かなかった

差しのニットウスバルが4着までなので展開ハマりましたね

荒れるときは逃げ馬が波乱を巻き起こすよね

エリザベス女王杯とかヴィクトリアマイルとか天皇賞春とかさ

でもニットウスバルもナリタハヤブサもワディもいつも通りの競馬でした

ナリタスターワンは前走よりコンマ3秒速い時計だし

決して力負けだとは思いません

馬券は外れましたが結果を見ると敗因が明確に分かりますね

そもそも競走馬というのは

200m(1F)を12秒くらいで走る生き物です

それを馬の個性で

600mは11秒で走れる馬とか

2000mを平均11・8で走れるとか

逃げて12秒ペースで走る馬とか

これを乗る騎手が馬の力量を量りレースでは馬の持ち味を引き出し

能力の出し入れで競馬が成り立っています

強い逃げ馬がいつも勝つわけじゃありませんし

ペースが速ければ潰れてしまう

予想は分かっていても難しいのですね

でも外れた馬券から学ぶものもありますし

予想は一生勉強です

今週は大混戦の高松宮記念

軸馬不在で的中させるのが難しい

現時点で

これだって馬はいませんが

追切・枠・コース適正から絞っていきたいと思います

出資馬ですが

今週はフェルメッツァが

25日中山G2日経賞芝2500mか

26日阪神OP六甲S芝1600mへ

出走予定です

日経賞は近走中山で成績良いいが

相手が強く距離も持つのか?

でも松永先生的にはコース相性で登録したようだ

出走は流動的

六甲Sは久々のマイルだが

今なら対応できると思っている

ただリーディング上位騎手が重賞がある中京や中山へ行ってしまうので勝ちにいくなら

フェルメッツァに乗ったことがある騎手の確保が条件

 

レヴェンスホールもレースは未定ですが今週使ってきそう

こちらはベテラン騎手起用がいいと思う

予想は今週巻き返しますm(__)m

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 千葉S訂正 | トップ | 大混戦高松宮記念ではないか... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。