翁の“ガハハ”な山家暮らし

山家に放念で暮らす翁。田舎暮らしの“ガハハ”なエピソードとその珍問答、ニンマリしていただけたら嬉しいわ。(放念の翁)

◆茶飲み話での暫し◆   3677

2017-06-17 15:21:07 | ブログ

や、早いな、翁さん。奥さんをディサービスに送ってきた?、じゃあ今日はゆっくり昼寝でもして過ごすのさ。お茶を飲んでいくかね?、ハハハハ。梅雨に入っても雨不足で川が干上がりそうだよ、これじゃ田圃の水も回らないだろうな、首都圏の水がめもどうなのか。・・・・何か変わった話はないかね?、あるわけがない?。昨日は婆さんと菖蒲を見に秩父まで行ってきたわ、ハハハハ』

あ、こんちわ、茂さん。婆さんの気晴らしにディサービスに5日置きに出かけて、施設の送迎もあるのだが、往き来に時間がかかるので、俺が送り迎えよ、ハハハハ。どこかに出かけたいとは思うが、婆さんを連れて遠出が出来ないし、今回の入院で暫くは外食も無理で。・・・・秩父では例の蕎麦屋に寄ってきた?、俺もあそこの手打ち蕎麦が好きだな、変わらぬ田舎蕎麦、随分通ったわ、ハハハハ』

  =========
さんは、うどん蕎麦が好物だそうで、週に2回は手打ちうどんやおきり込みを作るそうだが、ハハハハ。古代羊羹も買ってきたが、翁さんは血糖が高いそうだから土産はないがね。来週は3夫婦で湯治に行ってくるわ、今回は自炊部に1週間過ごすが、新聞はなし、テレビは広間だけ、湯に入ってお茶を飲むの日々だ、ファハハハ。長い人は1ヶ月だそうだから、俺らは遊山だよ』

れから戻ってブドウを摘果をしようと思って、去年は薬液で種なしをやってみたが、駄目だったよ。梨、洋梨、プラムなど何種類も花樹を植えてきたが、収穫はなしで、ハハハハ。ぼちぼちナス、キュウリなどが収穫のようだから、畑を徘徊をするからね。・・・・出来るなら、湯治にお供をしたいが、如何せん婆さんが無理だからな。時間を止めてゆっくりと過ごしてきなさいよ、ハハハハ』

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あとがき==昔の農家住宅は、この時期は戸障子を開け放っのが近隣社会の暮らしの原点だったがな、ガハハハ==放念の翁

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ◆景色が絵にならず◆   3... | トップ | ◆世の中何か変だよ◆   3... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鍵のある家 (おばさん)
2017-06-18 00:26:58
我家は母が亡くなって初めて鍵のある
生活に入りました
面倒くさいが先にきますが
最近は田舎も物騒になり広報が流れているので用心しています
でも雨戸は閉めずに床に就いています
袋のネズミです (放念の翁)
2017-06-18 06:54:15
おばさん 様

この地域では、まだまだ戸締まりはせずに、半日
程度は家を空けるのが殆どです。
余所者の顔は分かりますから、空き巣もやりにく
いでしょうね。

お互いが往き来がしやすいように、陽気が良い
時期は開け放ち、立ち寄って世間話をすること
を楽しみにします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。