特定非営利活動法人 エコ.エコ

特定非営利活動法人 エコ.エコの催しを紹介します。

2015年9月20日 クモの観察会 新井 浩司さん(蜘蛛談話会)

2015-09-20 21:10:10 | 観察会

■日時 2015年9月20日 9時30分~11時40分
■天気 晴れ
■場所 見沼自然公園
■案内  新井 浩司さん(蜘蛛談話会)市川武明さん(蜘蛛談話会)
秋晴れの一日クモの観察会を行いました。クモ好きがこんなにたくさんいることに主催者側はとても驚きました。最初にクモのクイズ、クモの足は何本、クモの目はいくつ。クイズの後は新井さんの解説と答えがありました。生態系の中でクモは、とても大切な役割をしています。クモの巣に霧吹きで水をかけるとクモの巣がはっきりとみえ、巣の不思議を体感できました。ナガコガネグモは虫を捕まえるとあっという間に獲物をぐるぐる巻きにします。最後にキシノウエトタテグモとワスレナグモの巣を見ました。このクモたちは、昔のタイプのクモで、網をはりません。専門家でないとなかなか見つけられないクモなので参加者は良い体験をしたことでしょう。人体に影響のある毒を持っているクモはほとんどいません。これを機会にクモに興味を持ち、いつか自然保護に目覚める子ども達が増えることを願っています。
参加者の575
早秋の 見沼田んぼで くもさがし 今井
秋晴れの 空に広がる 雲と蜘蛛 由美子
クモの糸 表と裏 不思議糸 
たのしもう 子どもといっしょに くもさがし 今井
クモの巣に かかる虫たち えさになる ふるさか
こもれびの のぞいた先に くもふたつ 鈴木
かわいいと クモにはじめて そうおもい 岩本
いろいろな クモの観察 楽しいな 三浦至温
しぜんが いっぱいでいい よかった 今井
くもさがし こども興奮 うれしそう 堀口
蜘蛛の糸 子供喜ぶ 秋の空 戸谷
おもしろい クモの世かいは ふしぎだな 鈴木花音
秋の日に ふだんみすごす くものいと 堀口泉美
クモたちが 紡いだ作品 みんなで鑑賞 カタオカ母
秋晴れに 子らに起こされ くも探し S
楽しくも 自然にふれた クモ観察 三浦
かわいそう おもったけれど おもしろい 藤野
参加者の感想
★日頃は苦手なクモも名前や成体を知るとかわいく思えてきました。水辺もあり、広々としたこの公園を知る機会となりとてもいい思い出になりました。ゲームなどもあり子供とともに楽しませて頂きました。ありがとうございました。掛川
★身近な生物を知る事が出来て良かったです。 M
★クモの巣にいなごをくっつけてクモがイナゴに糸をまくのを観察。その姿がおもしろい。立場をイナゴに変えるとかわいそう・・・。藤野
★「クモ」の2文字にひかれて参加しました。何気なく見ていたクモたちの生活の一部をのぞけ、新井さんの実物を前にしての説明は判り易くこれからのクモへの興味増大してます。頭の方向に捕る。網の面積が広い・・・ということは今日の収穫です。 富田
































参加者の感想とイラスト









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2015年8月30日 コムナーレ | トップ | 2015年10月4日 民家園しぜん塾 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。