ふれあいの森自然学校 活動報告

ふれあいの森自然学校が活動している内容を紹介しています。
このブログをご覧の皆さんも気軽に参加してみましょう!

2017年6月14日(水) 「香水さがし」 百年公園ワンコイン散策会

2017-06-14 22:02:03 | ワンコイン散策

                                                                                     「赤い実」


赤く熟したウスノキの果実です。前年枝の先に春、花を12個下向きに咲かせます。果実は上を向いてこれから秋口にかけて赤く熟し、やや5角形の様に角張り甘酸っぱい果実は美味です。名前の由来は果実の先が臼のようにへこんでいる事からです。

                                                                                      「キンモンガ」


黒と黄色の翅が特徴的な蛾です。幼虫はリョウブの葉が食草です。昼行性で昼間活発に飛ぶ蛾は蝶のような色彩をしたものが少なくありません。タイガーズカラーの蛾で、きっと阪神ファンの皆さんは知って見えるのではないでしょうか?

                                                                                         「サカキの花」


木へんに神と書いてサカキ。咲き始めは白っぽく半透明で神木ということもあり、花が神秘的に見えます。時間が経つと黄色っぽくなります。」神木として枝葉を神棚にお供えしたり、お祓いの玉串に利用。名は栄える木に由来します。サカキは東日本には少ないので、神事にはヒサカキがよく利用されています。

                                                                                       「ニガイチゴ」


百年公園のような里山に自生しています。名前からは果実が苦く食用に向かない事を想像しますが、他のキイチゴと同じように食べられます。種をかみ砕くと少し苦いです

                                                                                      「これは幼虫です」


割と身近に見られる昆虫です。大きさは1センチほどのアミガサハゴロモの幼虫です。とてもユニークなスタイルですね。お尻の所からロウ物質の毛を扇状に出した姿です。自然界、昆虫界は奥が深いですね・・・

                                                                                        「ホオノキ」

食べ物を包む大きな葉、単葉で国内最大級であり、大きな葉は料理を盛ったり、包んだり、燃えにくく、良い風味もつくので、朴葉味噌、朴葉寿司、朴葉包み焼、朴葉もちなど料理に利用されています。葉でたべものを「包む」木なのがなまえのゆらいです。

 今回のタイトル「香水さがし」は、里山の木の葉などの香り、匂いを皆さんで探してもらいました。爽やかな香りや嫌な匂いなどを感じてもらい2時間たっぷりと五感の嗅覚を総動員して楽しんでもらいました。自然の中にこんなに香り豊かな草木が有る事を驚かれていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月3日(土)森のようちえ... | トップ | 小学生対象観察会プログラム... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。