職案人

求職・歴史・仏教などについて掲載するつもりだが、自分の思いつきが多いブログだよ。適当に付き合って下さい。

EclipseでPealを動かすには

2017年06月13日 | Eclipse4.4
EclipseでPealを動かすには


【環境条件】
Eclipse 4.4(ルナ)
XAMPP 1.8.3 
Pealは既にXAMPPにインストール済み
参照サイト
【Perl】Windows+Eclipseで開発環境を構築する手順
Eclipse(Pleiades) で、どうしても Perl を書きたいときには

【Perlのインストール手順】
1)Eclipse のヘルプメニューから「新規ソフトウェアのインストール…」を選択

2)「使用可能なソフトウェア」画面の「追加」ボタンをクリックします

3)レポジトリーの追加画面が表示される
名前→ EPIC
ロケーション→http://www.epic-ide.org/updates/testing
と入力し、「OK」ボタンをクリック


4)「EPIC メイン・コンポーネント」が表示されたら、そこのチェックを入れる

5)チェックを付けたら、「次へ」ボタンをクリックします

6)インストール詳細画面が表示されるので、「次へ」ボタンをクリック

7)ライセンスについての確認画面が表示
画面右下の「使用条件の条項に同意します」の方にチェックし「完了」ボタンをクリックすると、インストールを開始する


8)セキュリティ警告画面が出ますが、「OK」ボタンをクリックします

9)再起動指示
Eclipse を再起動させる必要があるので「はい」をクリックして再起動します

10)インストールの確認
Eclipse のファイルメニューから「新規」>「プロジェクト」を選択します。
「Perl」プロジェクトを選べるようになっていたら、インストール成功


【Perlの新規プロジェクト作成】
1)ファイルメニューから「新規」>「プロジェクト」を選択

2)新規プロジェクトからPerl-「Perlプロジェクト」を選択し、「次へ」をクリック

3)プロジェクト名「test」を入力して、「完了」ボタンをクリック


【Perlのファイル作成】
1)「test」プロジェクトの上で右クリックして、 「新規」>「その他」を選択する

2)新規・ウイザード選択の画面より、「perlフォルダ」-「perlファイル」を選択し、「次へ」をクリック

3)ファイル名「test.cgi」を入力して、「完了」ボタンをクリック

4)テキストが現れたら、そこにプログラムコードを書く
【test.cgiファイル】
 print "Hello World"


【実行】
1)「実行」>「実行構成」を選択

2)「Perl ローカル」を選択して、画面左上の「新規作成」ボタンをクリックします

3)実行構成の設定を行う
プロジェクト:test
実行するファイル:test.cgi
を「参照」ボタンをクリックして選択したら、「実行」ボタンを押す


【表示】
実行するとコンソール画面に「Hello World」と出力されると思います


【エラー表示の場合】
Perlの設定を確認する。
1)[ウィンドウ]メニュー -> [設定] を選択
2)設定ウィンドウの左側のメニューから「perl」をクリック
3)右側のPerl実行可能ファイルを設定する


xamppの場合はparlが含まれているが、それ以外はPerlをインストール必要がある

【デバッガー】
デバッガーを使うには、PadWalker というモジュールを導入する必要があるために、activeperlををダンロードし、ActivePerlのインストールし、perlをバージョンアップした後、PadWalkerをインストールした。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルナのPHPプロジエクトからHT... | トップ | PostgreSQLのダウンロード及... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Eclipse4.4」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。