素振りブログ。

一般でスピーチできる話の素振りのはずなのに、無理な話がほとんどのブログ。

ラストがじんわり怖かった。

2017-06-17 20:16:17 | 日記
こどもつかい観てきましたけど。
怖い映画では無かったですね。

理由:滝沢さん演じる「トミー」の演技が派手過ぎて、怖いという感じじゃなくなってる。

闇をあんまり感じなかったんですよ。
仕草が明るくて。

しかし。
トミーには闇は感じなかったんですが。
脚本には闇がありましたね。

この話に出てくる怪人「トミー」は、大人から虐待を受けたり、大人に裏切られて心に傷を負った子供の前に現れて。
自分の小指を約束の指切りするときに切断して手渡し。
それをその子供が殺したい大人に渡すことで、その子供に代わってトミーが殺してくれる。

そういう怪人なんですけど。

この話のヒロインである保母さんは、保育園に来ている、親から虐待を受けている子供に同情し。
つい、自分で責任を取りかねるような、大胆な行動に出てしまう。
で、最終的に自分の行動の責任が取れなくなって。
その子供を裏切ってしまうんですが。

それが原因で恨まれて。
トミーの呪いの標的になってしまう。

で、色々あって、彼女を恨んでいた子供が彼女を赦し。
依頼を無かったことにして、彼女を助けて、万事解決しめでたしめでたし。

だったんですけど。

ラスト直前で、何故かその子供、トミーの小指を持ち去って行ったんですね。
で、なんでかなーと思ったら。

ラストのラストで、別の虐待を受けている子供にその小指を渡すのよ。

……あ、この子。
保母さんを赦しはしたけど、トミーに依頼したことを後悔なんかしてねーんだ。

保母さんの前にね、自分を虐待していた母親をトミーに頼んで殺してるのよ。
この子。

それについて、全く後悔して無いんでしょうな。
でなきゃ、別の子に小指を渡したりするはずが無い。
君も憎い大人をこの小指で殺してもらえ、って。

子供を裏切ってしまった大人や、子供を虐待してしまう大人も、本当はそんなことをしたくないのに、どうしても止められない。
そんな悲しさを知って、保母さんを赦したわけじゃ無いんだ。
保母さんだけ、「特別に」赦してやっただけだったんだ。

子供だからと言って、混じりけの無い善の固まりじゃない。
子供だからこそ、純粋な憎悪と、残酷さを持ち合わせているのかもしれない。

そんな感じで、ラストの子供のこの行動には闇を感じましたねぇ。
清水監督らしい。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いや、それ以前でダメじゃな... | トップ | 加計問題で思うところ。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。