素振りブログ。

一般でスピーチできる話の素振りのはずなのに、無理な話がほとんどのブログ。

いただきますとごちそうさま

2016-10-19 20:55:55 | 日記
川上先生喰えたよ!やったぁ!

「節制」コープの最終段階、興奮しっぱなしでしたわ。
川上ティーチャーが、前段階で主人公が先生に向かって「男と女だ!」と求愛し、それに対して「私は教師で君は生徒で、えええぇ~?」と混乱しつつも「ちょっと時間を頂戴」とその場での返答を避け
その次にランクMAXに到達する段階にきて「ごめんなさい」と言ってきたとき。

川上先生を恋人に出来ないのか……

と、深い落胆があったものの、未練がましく「本気なのか?」とか「教師のことなんか関係ない」と押しの手を緩めなかったら

先生「そこまで言われたら、引き下がったのが馬鹿みたいじゃない」と来たもんだ

うおおおおおおお!!!

やってたの深夜でしたが、叫びそうになりました。
前言を翻し、「君の恋人になる」と先生。
(その後主人公と一緒のソファに座って会話するんですけど、その会話のエロいことエロいこと。ボディタッチは全くないんだけどね、会話がボディタッチの代わりになってるというか。主人公が怪盗団であることを先生が見抜き、そのことについて笑顔で語り合うのよ。重大な秘密を見抜き、口に出し、そこから出てくる思いを語り合う様にイチャコラを感じましたよ)

……この時点で、ペルソナ5の主人公は4の主人公を超えましたね。
彼は同じ年代の子相手に何股も掛けていただけで、人妻やら看護婦のお姉さんに手を出したりしませんでしたものな。

まったくもってペルソナ5の主人公は、何人を毒牙にかける気だ!!
(いいぞもっとやれ!)

ウチの主人公、五味山葛夫にはその真価を見せてもらいたいものですわ。
果たしてどこまでやれるのか。
ジャンル:
ロールプレイング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« この女々しさが好き | トップ | キングクリムゾンを体験した。 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。