素振りブログ。

一般でスピーチできる話の素振りのはずなのに、無理な話がほとんどのブログ。

面白かった、けど……

2017-06-28 21:22:16 | 日記
キョウリュウジャーブレイブ、最終話まで見たのですが。

最初、「モノが韓国の特撮だから、最終話はレッドよりゴールドの方が活躍して、誰が主人公なのか分からない展開になりはしまいか」と思ってたんですが。
意外にもゴールドの弟という設定のレッドが兄に立ててもらう話になってて。
ちょっとビックリしました。

俺は偽物の竜の王の継承者だ。弟が真の継承者。
それをネオデーボス軍に悟られまいと思い、俺は一人で戦っていた。
と、兄。

で、竜の王の真の継承者だった弟が「兄さんだけを一人で戦わせるものか!」と戦いに身を投じて敵の罠に嵌り。
ネオデーボス軍の本拠地に連れ去られ。

それをキョウリュウジャーブレイブ(正式名称パワーレンジャーダイノフォースブレイブ)中、唯一飛行が可能な獣電竜を所持しているゴールドが単身で助けに行って。
見事弟を助け出し、復活した弟とネオデーボス軍の総帥を打ち破る展開。

なかなか熱かったし、面白かったですよ。
最後のロボでの戦闘シーン、ほぼCGだったけど、そのせいで重さが感じられないからか。
飛行可能なロボット「ブレイブライデンティラノキング」の動きにスピード感あって、マッチしててカッコ良かった。

ただ。

最後の最後、キョウリュウジャーブレイブが全員揃って、全員の力でネオデーボス軍総帥を倒すんだよな。

元のキョウリュウジャーだと、敵ボスと戦うのはレッドだけで、他のメンバーは戦いの場に行くことができなかったけど。
祈りを込めて歌を歌い、一人で戦うレッドに力を届ける。

ここ、すごく熱い展開だったのに。
向こうの文化だとこういうのウケないのかなぁ?

武器を持って戦うだけが共闘じゃ無いんだ。祈ることで、人は誰かと共闘することが出来るんだ。
これが良かったんですけどねぇ。元のは。
ジャンル:
特撮
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カイゼンの芽 | トップ | 腰が重くなる »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。