素振りブログ。

一般でスピーチできる話の素振りのはずなのに、無理な話がほとんどのブログ。

恋と嘘、ようやく出て来たよ。

2017-08-05 12:46:33 | 日記
やっとこ話にしまりが出て来た気がする。

無いはず無いだろペナルティ。
でなきゃ誰が従うんだよ。
国が進めて、禁止項目まで設けている法律でしょ?

そこのところ引っかかってて、それに関して全く言及せず、悩みもしない登場人物に、おかしいだろ、と思ってたところだったので。
あんまり何も言わないので「このゆかり婚って設定、要るか?」とまで思ってました。

それがやっとこ「ゆかり婚を拒否すると、後の人生でそれが「前科」としてカウントされ、不利になる」という、極めて当たり前の設定が出て来たんで。
やっと悩んでくれるのかね。
将来を取って恋を追うのを諦めるか、将来よりも真剣に好きな人と結ばれることを優先するのか。
やっとそういう風に悩んでくれるのか。

そういうのを期待してこのアニメ視聴しはじめたので。
今後に期待。


藤子不二雄先生の「気楽に殺ろうよ」みたいな。
何かおかしいことを常識としている世界を期待してたんですよね。
最初、このアニメに。

気楽に殺ろうよ、は。
殺人が条件付きで合法という世界の物語なんですけど。

子供を一人作ると人を一人殺すことが許可される殺人許可証が国から発行される。
そんな世界。

理由:この場合の殺人は細胞の代謝のようなもので、一人増えて一人減る。何も問題ない。

ついでに言うと、子供を作る行為は社会のための行動であるから、所かまわず路上で交尾しても称賛されこそすれ、誰も非難しない。

そういうこっちの世界では異常なことが、その世界ならでは理屈で説明されてるのが面白くてね。
ゆかり婚もさ、もうちょっと「え?素晴らしいことじゃん。ゆかり婚を拒否しようなんて頭大丈夫?」みたいな。
大人だけでなく、友人連中にも言われるくらい、世界で「当たり前で疑問を差し挟む余地のない仕組み」であってくれたらもっと面白かったんですけども。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とっても美味しいんだからあ... | トップ | 昆虫戦隊 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。