素振りブログ。

一般でスピーチできる話の素振りのはずなのに、無理な話がほとんどのブログ。

何か違う。

2017-05-19 21:46:18 | 日記
フランスの美女と野獣の映画は何か違うな。
歌が無いのと。

ガストンが居ないせいか。

……居ないよね?

テトリスやりながら見てるんですが、あのガストンの存在感というか霊圧を微塵も感じなかったので。
ああ、これは居ないんだなぁ、と思ったのですが。

原作のおとぎ話的にはこっちが近いのかもしれないのですが(知らんけど)
明確な悪役の存在って、大事なんだなぁ、と。

ガストンの霊圧を全く感じない美女と野獣を見て思いました。

ガストンが居るから、野獣の心の紳士ぶりが際立つし。
ガストンが居るから、心を見ずに見た目で対応を変える人間の愚かさが際立つと思うんですが。

原作に近いかどうかは別にして。
見て面白いのはディズニーの美女と野獣なんじゃないのかね。

まだ全部見て無いのですが。
フランスの美女と野獣。

序盤で、そう思ってしまったです。

……まぁ、ラストまで見て「序盤で文句言ってすみませんでしたー!!!!」ってなる可能性、あるんですけどね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« それだけで判断するのはまだ早い | トップ | キッズウィーク »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。