七変化もびっくり 

日々徒然なるままに趣味の俳句や園芸、神社参拝や
興味のある政治や皇室について綴ります。

米大統領の晩餐会への招待状が来ない!ツイッターで批判

2017年11月14日 | 政治
政治ランキング
拙ブログにお越し下さり、ありがとうございます。応援のクリックをお願いします。
共産党の志位委員長が、ツイッターで安倍首相を批判しています。
例え「日米同盟」の廃棄を掲げていても政治家にとって晩餐会出席は、大きな意味が
あるのでしょうか?美味しい食事に有り付きたい?トランプ大統領の動向を知りたい?
晴れがましい場に参加していたい?米国の大統領を迎えた晩餐会は、誰にとっても
特別なものなんでしょう。野党党首も出席していたいと見えます。しかし、安倍政権
になってから、野党の党首には招待がなくなったそうです。残念でした。

ーーーーーーー産経新聞より転載ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
共産党・志位和夫委員長 米大統領の晩餐会への招待状が来ない!ツイッターで批判

共産党の志位和夫委員長がツイッターで、安倍晋三首相が6日に東京都内で主催したトランプ米大統領の晩餐会(ばんさんかい)に招待されなかったことを批判した。
 志位氏は11日、「かつての自民党政権は、外国首脳来日のさいの首相主催の晩餐会に野党党首も招待し、超党派でもてなした。私も招待があったときは必ず参加した」と書き込んだ。
 かつてはジョージ・W・ブッシュ元大統領の晩餐会で「ツーショットの写真を撮ったこともある」と裏話も披露したが「(招待が)安倍政権になって一切なくなった。これも見直した方がよい」と指摘した。
 外務省によると、6日の晩餐会には自民党の二階俊博幹事長や公明党の山口那津男代表が出席したが、野党党首は招待しなかったという。共産党の小池晃書記局長は13日の記者会見で「大人げない対応だ」と批判。党綱領には「日米同盟の廃棄」を掲げるが、米大統領と宴席を囲むことにはこだわりがあるようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
野党は、北朝鮮の核の脅威に対して、その対応が十分できているか?難民が発生した
時の日本の対応など、日本国民が一番心配している事を、国会で質問せずに、首相や
稲田大臣に関わる森友、加計及び日報問題の追及に専念していました。野党議員は、
批判ばかりしていれば成り立つ仕事のように思えました。彼らは、専守防衛だけで日
本を守れるという考えを堅持していますが、本当に大丈夫でしょうか?アメリカの安全
保障に頼る心許ない状況です。日本が、改憲をして自立するのを阻もうとするのが多く
の野党議員です。ですから、日本が置かれている国難について、国会で審議すると
改憲を支持する国民が増えるから困るのでしょう。

志位委員長は、生粋の日本人だと思いますが、国会議員や地方自治体の首長などに、
半島と繋がりがある人が、増えているらしいです。野党に多いそうです。純な日本人で
なく、帰化し日本国籍を取得した帰化人が、国会に多くいることは、日本の安全保障上
よろしくないと思います。帰化してから代を重ねている場合はいいとしても、帰化して
から数年しか経っていない人が立候補できる仕組みは、問題が多いと思います。朝鮮
半島を利する政策や在日の人々に甘い政策を実現しようとしていると感じます。外国人
参政権の実現に力を尽くしているのも野党議員です。
民主党政権のあとで、首相公邸が住みにくくなっている状況があるようです。建物の
間取りや設備やセキュリテーなどの情報が漏れている可能性が噂されています。

トランプ大統領の日本訪問が終わりました。11月中旬になっています。上がり続けて
いた世界株価が下落に転じています。トランプ大統領は、中国訪問も終えています。
北朝鮮の核開発を止めさせることはできるのか?アメリカの武力行使はあるのか?
気になるところです。

夢の宮様ブログに興味深い記事が掲載されています。少しだけ転載させて頂きます。
全文は、夢の宮様ブログでご覧になってください。
恐るべし、貢女外交https://ameblo.jp/yumenomiya-kaiun/entry-12327635573.html
ーーーーー夢の宮様ブログから転載ーーーーーーーーーーーーーーーーー
文在寅、トランプ大統領の晩餐会にも、慰安婦婆さんを登場させましたが(トランプ大統領、明らかに嫌がってました)、あれは日本を怒らせて日米韓関係に亀裂を生じさせるという・・・
(晩餐会ならぬ婆惨会です!)
 文在寅は韓国大統領としては無能ですが、北朝鮮の工作員としては超優秀です。
 
 
そこをトランプ大統領に見透かされ、嫌われ、戦後処理にも加えてもらえない様子です。
(北朝鮮の戦後処理にあたるのは、米国、日本、支那、ロシア)
 
やはり、年内に何か動きはありますね。
五輪も、もう無理でしょ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

平昌オリンピックに向けて選手の話題が、テレビで取り上げられていますが、
もう無理かもしれないと書かれています。年末までに何かあるだろうと予想していた
ブロガーは、他にもいます。せと弘幸氏もそうでした。伏見氏は、早かったのですが、
7月の予想でした。どうなるのか注視します。

平和な世の中がいいに決まっているのだけど、平和を脅かすならず者国家の存在は
日々の生活のどこかに影を落としています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 皇族の画像、恥ずかしさも色... | トップ | 両陛下のお出かけ(徘徊)が... »
最近の画像もっと見る

政治」カテゴリの最新記事