【森友学園側の弁護士もヤバイんじゃないの!?】「校舎の建築費21億円」業者説明 森友学園と食い違い

2017-03-08 03:44:16 | 政治

森友学園「安倍小学校」の補助金詐欺疑惑について。

「校舎の建築費21億円」業者説明 森友学園と食い違い  :日本経済新聞

>学校法人「森友学園」(大阪市)が大阪府豊中市で建設中の小学校の校舎建築費に関し、国と大阪府に異なる金額の工事請負契約書を提出していた問題で、契約書を作成した業者が、実際の建築費は国に報告した方の約21億円と国土交通省に説明していることが、7日分かった。


>学園側は7日までの同課の聞き取りに「国には最大の見積額を提出した。実際の建築費は府に示した額」としているが、同日の民進党のヒアリングでは、契約書を作成した業者が「その数字は把握していない」と説明した。

 

■森友学園側の代理人弁護士

森友学園:開校準備は続行 大阪知事に反論 - 毎日新聞

>森友学園の代理人弁護士が7日、毎日新聞の取材に対し「こちらは『認可適当』の答申をいただいているので、開校の準備は引き続き進めていく」と話し

>小学校建設を巡り国と府に金額の異なる別々の契約書を提出した件では「国には実施設計や業者が決まっていない段階で、最大限の見積もりで出した。虚偽ではない」と釈明し、


■国土交通省も「聞いてない」

 

森友学園の建設事業費報告違い 国交相 事実関係の確認指示 | NHKニュース

 

>また大阪府によりますと、森友学園は、補助金のうち多く受け取った分は国に返還すると説明しているということです。
これについて石井大臣は、「現時点で森友学園から補助金の返還に関する相談を受けたことはない」と述べ、事実関係を確認する考えを示しました。


 

■これと同じ事例なのでは? 

福島の復興補助金 計6億6100万円不正受給 | 河北新報オンラインニュース 

>福島県は18日、東日本大震災からの産業復興を支援する県の補助金を不正受給したとして、南相馬市に工場を建設した大型プリンターなどの製造販売「ルキオ」(東京)に約5億7700万円の返還を命じたと発表した。国の「グループ化補助金」を不正受給した郡山市の食品加工会社2社にも同日、計約8400万円の返還を命じた。県は3社を詐欺容疑などで福島県警に告訴、告発する方針。


契約書を作成した業者が「府に報告した7億は知らない」と言ってる訳ですか。

でも、森友学園側は「実際は7億」と言ってる訳でしょう。

どっちがウソをついてるんですかね?


契約書を作成した業者も、国にウソの数字を書いていたら、「虚偽申請」で罪に問われる可能性もあるから「知らない」と言っているのではないでしょうかね?


森友学園側の代理人弁護士も、籠池理事長と業者との事実関係を確かめてから発言しないと、自らの立場もヤバくなるんじゃないでしょうかね? 


■同じ日に契約書を作成していた事が判明。

これはもう犯罪でしょ。


 

 

 

■新たに送付したようだが、印鑑の位置が同じって?

 

 

 

 

■国交省も取り消し、返還を示唆。

 

 

 

 

 

(twicas)森友学園、共産・小池晃氏とか。- 2017.03.06

 

(Podcast)ぽぽんぷぐにゃんラジオ

  

(twicas)ぽぽんぷぐにゃんSTREAM 

 ■ご意見・情報・おたよりはこちらへ。

■web拍手-おみくじ 

■ぽぽんぷぐにゃん画像掲示板

■「ぽぽんぷぐにゃん」に関するアンケートにお答えください。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【「安倍小学校」全てウソの... | トップ | 【内閣官房側のウソが発覚!... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL