【理由は一つ・議席が大幅に減るから!?】二階氏、衆院解散「年内はない」 課題解決に専念

2016-12-07 13:58:59 | 政治

カジノ解禁「反対57%」について。

東京新聞:二階氏、衆院解散「年内はない」 課題解決に専念:政治(TOKYO Web)

>自民党の二階俊博幹事長は7日、大阪市内のホテルで開かれた関西プレスクラブの会合で、衆院解散の時期について「年内はない。安倍政権はやらなければならない課題がたくさんある。解決に専念すべきだ」と強調した。

>二階氏は「どの候補がどの程度の確率で勝利に近づいているかとのデータは年末までに持っていなければいけない」と指摘。

 

>年内はない。


「常在戦場」だと常に解散を煽ってきた安倍政権と二階幹事長。

その二階氏が「年内はない」とまで断言するのは、後退とみていいのでは。

つまり、今解散したら自民党の議席が大幅に減る可能性が高いと見ているという事でしょう。 

解散風をいったん消すためという見方もあるでしょうが、カジノ法案や年金問題の逆風が強くなってきたのと、野党共闘が進んできているというが大きいような気がしますね。

 

 

 

 

カジノ法案通過、小池新党とか。- 2016.12.06

 

(Podcast)ぽぽんぷぐにゃんラジオ

  

(twicas)ぽぽんぷぐにゃんSTREAM 


 

■ご意見・情報・おたよりはこちらへ。

■web拍手-おみくじ 

■「ぽぽんぷぐにゃん」に関するアンケートにお答えください。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【学会幹部の金銭横領疑惑!?... | トップ | 【安倍の側近のオツムは・・... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL