【カジノ政局・公明の矛盾を突け!?】<カジノ法案>復活の動き…審議入りへ公明柔軟姿勢

2016-10-13 05:36:03 | 政治

大接戦の新潟県知事選 - 蓮舫氏の新潟入りは?

<カジノ法案>復活の動き…審議入りへ公明柔軟姿勢 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース

>当初は今国会でも成立は難しいとみられていたが、10月に入って公明党の山口那津男代表と井上義久幹事長が「提出されている議員立法は審議するのが筋だ」とそろって審議入りに理解を示し、空気が変わった

>しかし、慎重論は残っている。同党関係者は「賛否が分かれるIRの話を今、党内でする余裕はない」と党内手続きの難しさを指摘する。

>議連幹部は「今月中に各党の調整を終え、来月中旬に審議入りしたい」と語るが、11月30日の会期末が近づくと与野党の対決色が強まる可能性が高い。

 議連メンバーのいる民進党では、蓮舫代表が12日、「メリットもデメリットもある。この国会で最優先される法案ではない。党内で急いで対応しようとは思っていない」と記者団に語った。同党は参院内閣委員長のポストを握っており、議連の思い通りの展開になる保証はない。

 

■つい5日前は幹事長がこんな事を。

公明幹事長「理解されるのか」 カジノ法案で自民にくぎ:朝日新聞デジタル

>継続審議となっている統合型リゾート(IR)の整備を促すカジノ解禁法案について、公明党の井上義久幹事長は7日の記者会見で、「私自身は刑法(賭博罪)の例外を作ることは慎重であるべきだと思う」と述べた。

 井上氏は「社会的な要請がどの程度あり、どのくらい国民に理解されるのか」と述べ、ギャンブル依存症対策や経済的な効果についても慎重な検討が必要との考えを示した。

>同党は参院内閣委員長のポストを握っており、議連の思い通りの展開になる保証はない。


公明党もいい加減ですね、つい最近まで「カジノなくても海外の観光客が多い、ギャンブル依存症対策が~」と言ってたのがコレですからね。

野党は公明の言う「ギャンブル依存症対策」や必要性など、徹底的に追及すればいいんじゃないですか。

 

民進党が委員長ポストが握っているというのも興味深いですね。

世論調査ではカジノ解禁に対して7割が反対ですからね。


カジノが必要かどうか世論に問う事で、野党の支持率を上げ、自公の支持率を下げる事ができるのでは。

  

 

■さて、アンケートです!あなたはどこ支持?  

【ぽぽんぷぐにゃんアンケート】ぽぽん調査 - 政治 2016年10月


 【ぽぽん調査】新潟の柏崎刈羽原発の再稼動に賛成? 

 

 

 

(Podcast)ぽぽんぷぐにゃんラジオ

  

(twicas)ぽぽんぷぐにゃんSTREAM 

 

(twicas)長谷川氏、新潟県知事選とか。- 2016.10.05

※クリックすると動画再生ページへ移動します。   

 

■ご意見・情報・おたよりはこちらへ。

■web拍手-おみくじ 

■「ぽぽんぷぐにゃん」に関するアンケートにお答えください。

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【ニコニコ動画】大接戦の新... | トップ | 【ぽぽんぷぐにゃんSTREAM】... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL