SHINJOの涙

2006年10月26日 | 阪神タイガース

北海道日本ハムファイターズの3勝1敗で迎えた日本シリーズ第5戦。8回裏、日ハムの稲葉がソロ・ホームランを放ち4-1となった。これで3点差となり誰もが日ハムの勝利を確信した。次のバッターはSHINJO。テレビに映った彼はもう泣いていた。最後の打席はフルスイングの空振り三振だった。

9回表、中日ドラゴンズの攻撃をマイケル中村が3人で片付け、日ハムは44年振りの日本一となった。センターの守備位置で森本稀哲(もりもと ひちょり)と抱き合うSHINJO。涙、なみだ。自然とナインもベンチの選手もセンターのほうに歩いていった。不思議な日本一の瞬間だった。今日で引退するSHINJOをみんなで胴上げ。このシリーズはSHINJOのためにあったといってもいいのかもしれない。

画像はベンチに引き上げるSHINJOの横顔(テレビ画面から)。この後の記者会見では背番号「1」の後継者に森本を指名した。
ジャンル:
スポーツ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Sunday Songbook Playlist | トップ | 第十三回俵藤太と百足供養会(10) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
#1482 44年ぶりの頂点!そして川相と新庄は本当にラストなのか・・・(涙) (続「とっつあん通信」)
終わってみれば勢いで圧勝しました。 北海道日本ハムファイターズ。 じつに東映フラ
SHINJOのこと。 (Diary? on fool's boat)
最初は、新庄のこと、あまり好きでもなんでもなかった。 わたしは特に野球に熱狂もしないし、ナイターをチェックしたりもしない。 でもなにかとお騒がせクンだったから、なんだか気になってきた。 そのSHINJOは、きのうの日本シリーズ優勝でマウンドをあとにする。 ...