Nick Lowe Live at Billboard live OSAKA

2011年08月19日 | Live

一週間前になりますが、8月12日(金)にビルボードライブ大阪で開催されたニック・ロウのライヴを聴きに行きました。ニック・ロウは1949年3月24日に英国で生まれました。今年で62歳。2009年にライ・クーダーとジョイントした来日公演を行いましたが、ソロでは何年ぶりになるんでしょうか。僕の個人サイトには2002年にクアトロで聴いた記録が残ってますね。
http://homepage3.nifty.com/sitedoi/lowe.htm#anaccoustic

今回はバンドを率いての来日公演。
ニック・ロウ / Nick Lowe(Vocals, Guitar)
ゲラント・ワトキンズ / Geraint Watkins(Keyboards)
ジョナサン・スコット / Jonathan Scott(Guitar)
マシュー・ラドフォード / Matthew Radford(Bass)
ロバート・トレハーン / Robert Trehern(Drums)

ロバート・トレハーンはボビー・アーウィンのことで、ゲラント・ワトキンズと共にニック・ロウのレコーディング・メンバーの常連ですね。このふたりが中心となってレコーディングしたアルバム『Old Magic』が9月にリリースされます(国内盤『Old Magic』は今月末リリース。ロックパイルのライヴ盤『Live At Montreux』も出ますね)。今回のツアー・バンドのメンバーではギタリストのジョナサン・スコットとベーシストのマシュー・ラドフォードが若かったですね。世代が違うミュージシャンとのセッションというのは期待できますよね。エリック・クラプトンやジェフ・ベックをはじめ、ボブ・ディラン、ポール・マッカートニー、ブライアン・ウィルソンといった人たちも若いミュージシャンをメンバーに加えて、お互いがスパークした素晴らしい演奏を披露してます。

ニック・ロウは前作のアーティスト写真で見る限り、激痩せしてどこか身体が悪いんじゃないか、ライ・クーダーとのジョイントでは黒縁メガネ(老眼?)を掛けてて老けた、などという話が出てましたが、見かけの印象ほど老けてませんでした。'80年代の懐かしい曲、'90年代、'00年代の代表的な曲、そして新曲と披露してくれました。ちょっとソフルフルな感じのオルガンのイントロではじまった「Cruel To Be Kind」は全く古臭くなくて、今の時代に鳴り響いてるように思いました。新曲では「House For Sale」 という曲で"Peace, Love And Understanding"と歌っていました。

バンドの中で、もしかしたらキーボードのゲラント・ワトキンズの名前に聞き覚えがあるかもしれません。ヴァン・モリソンやポール・マッカートニーの近年の作品に参加しています。僕もちょっと気になりながら見てました。するとアンコールでニック・ロウとデュオで「Only A Rose」という曲を歌ってくれました。ゲラント・ワトキンズのアルバムにニック・ロウとのデュオで収録されてるようです。ひじょうに素晴らしい演奏でしびれました。

今回、従来のようなスタンディングのクラブ公演とほとんど変わらないステージ構成で、アンコールにも気軽に応えてくれるニック・ロウに、終演後は本当に絶賛の声があちこちで聞こえてきました。早くも次回公演を期待する声もあり、ニック・ロウってむかしもこんな感じだったなぁなんて思い出したりしました。

■Nick Lowe
2011年8月12日(金) ビルボードライブ大阪
自由席整理番号12番

1st Stage
01 People Change[Solo]
02 Heart[Solo]
03 What Lack Of Love Has Done
04 Ragin' Eyes
05 Lately I've Let Things Slide
06 Has She Got A Friends?
07 I Trained Her To Love Me
08 I Live On A Battlefield
09 I Read A Rot(新曲)
10 Cruel To Be Kind
11 Raining Raining
12 Sensitive Man(新曲)
13 Somebody Canes For Me(新曲)
14 House For Sale(新曲)
15 Without Love
16 (What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding?
17 I Knew The Bride(When She Used To Rock and Roll)
Encore
18 Only A Rose[with Geraint Watkins]
19 When I Write The Book
20 Go Away Hound Dog
21 The Beast In Me[Solo]

[おまけ]
開場時間まで10分くらい時間があったのでブリーゼ・ブリーゼに行きました。ちょうど東北地方の被災地を応援するイベントが開催されていまして、普段はぶら下がってるブリCH(ブリチャン)が、地上に腰を降ろして、しかも触れられるということだったので見に行きました。
http://www.breeze-breeze.jp/



ブリチャンはツルツルでした(笑)。足や手や身体には被災地への応援メッセージが書かれたカードが貼り付けられています。メッセージを書いてる時間はなかったんですが、被災地応援の一環として、宮城県南三陸町とフジテレビ「Mr.サンデー」がコラボレーションしたトートバックの販売をしていたので購入しました。収益の全ては日本赤十字を通じて被災地に寄付するそうです。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堂島リバービエンナーレ2011 | トップ | SundaySong Book #984 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。