Sunday Song Book #1288

2017年06月18日 | Sunday Song Book

2017年06月18日プレイリスト
「山下達郎ライブスペシャル」
1. 夏への扉 / 山下達郎 "2016/10/04 新宿ロフト"
2. CADILLAC / 山下達郎 "2016/09/10 六本木EXシアター 難波弘之40th"
3. すてきなメロディー / 山下達郎 "2016/04/09 沖縄市民会館"
4. ONLY WITH YOU / 山下達郎 "2014/10/10 名古屋 BOTTOM LINE"
5. 世界の果てまで / 山下達郎 "2014/10/10 名古屋 BOTTOM LINE"
6. SUGAR / 山下達郎 "2016/04/09 沖縄市民会館"
7. NIGHTS IN WHITE SATIN / 山下達郎 "2016/09/10 六本木EXシアター 難波弘之40th"
8. FOREVER MINE / 山下達郎 "2009/04/04 東京エレクトロンホール宮城"
---------------------------------------------------
■内容の一部を抜粋
・近況
番組はツアーのため前倒しで収録しているそうだ。6月9日(金)、10日(土)の中野サンプラザが終わったところで収録。ツアーは先週の大宮ソニックシティホールで全49公演の折り返しになったとか。「中野のサンプラザは本当に両日ともとてもいいお客さんで。私も長いことサンプラザやっておりますけれどもね。なんか東京はとかく果し合いになるというかですね、割りとこうお客さんが上から目線というか、そういうところがあったんですけれども。私も長いことサンプラザやっておりますけれど、本当に時代変わったなということを実感しております。本当にいいお客さんでした。ありがとうございます。この調子で後半戦もがんばっていきたいと思います。今週は三度目の大阪フェスティバルホールでございます。6月21、22、水木と大阪最終でございます。フェスティバルホールお出でのみなさまお待ち申し上げております」と達郎さん。

・山下達郎ライブスペシャル
恐怖の聴取率週間のため今週は「山下達郎ライブ特集」。ライヴ音源のストックはたくさんあるが、全部P.A.OUTの中から2010年以降の音源がほとんど。昨年のツアー、一昨年のツアーを中心に「山下達郎ライブスペシャル」。

・夏への扉
季節柄「夏への扉」にリクエストが集まっているという。今日は2016年の10月4日に新宿ロフトで行われた新宿ロフト40周年記念のライヴから。もともと「夏への扉」は難波弘之さんのソロ・アルバム『SENCE OF WONDER』 (1979年)のために書き下ろした曲なので、2番を難波弘之さんが歌うヴァージョンで最近は演奏しているそうだ。演奏は山下達郎、難波弘之、伊藤広規のトリオ。

・CADILLAC
2016年9月10日に六本木EXシアターで行われた難波弘之さんの「難波弘之 鍵盤生活40周年記念ライブ~一生鍵命~」から「CADILLAC」。達郎さんはシークレット・ゲストとして出演して何曲か歌った。難波弘之さんのキーボード、ドラムがそうる透さん、ベースが松本慎二さん、そしてゲストでギタリストの日下部“Burny”正則さんというラインナップ。「CADILLAC」はイギリスのヴィス・テイラーのレパートリーだがスウェーデンのシャムロックスのヴァージョンでやっているそうだ。

・すてきなメロディー
昨シーズンのPERFORMANCE 2015 - 2016から「すてきなメロディー」。昨シーズンは1975年にシュガーベイブでデビューして40周年だったためにシュガーベイブの曲をかなり多めに演奏したという。その中から2016年4月9日に沖縄市民会館で行われたライヴ。「シュガーベイブ時代は大貫妙子さんとデュエットでやっておりましたが、新加入のコーラスのハルナさんがとってもチャーミングなヴォーカルを聴かせてくれます」と達郎さん。1994年の「Sings SUGARBABE」というイベントでやったきりなので22年ぶりくらいだったとか。

・ONLY WITH YOU
・世界の果てまで
2014年はヒット曲を一曲もやらないツアーと銘打ってMANIAC TOURを行った。自信がなかったので本数少なめにしたがお叱りを受けたので、今度MANIAC TOUR PART.2をやってみようかなと思ってるそうだ。そのMANIAC TOURのいちばん最後に30数年ぶりのライブハウスを行った。2014年10月10日にツアーの千秋楽となった名古屋のボトムラインから、まずは「ONLY WITH YOU」。アルバム『BIG WAVE』のときのツアー以来30年ぶりに演奏。続いて未だかつて一度もやったことのない曲で「世界の果てまで」。メドレー形式。「世界の果てまでつうのも私の全シングルの中でもあまりヒットしなかった曲なんですけれども。今頃になって(笑)、あの曲好きだったと言う方がたんさんお出でになりまして。ライヴのゲストなんかでも。だったらそのとき言ってよみたいな、そういう感じでございますが」と達郎さん。曲をかけ終えて。「オートハープのあたま間違えてるのご愛嬌です。へへ。すいません(笑)」と達郎さん。

・SUGAR
2016年4月9日に沖縄市民会館で行われたライヴからシュガーベイブのレパートリーで「SUGAR」。「佐橋くんのギター・ソロが堪能できます」と達郎さん。すごく長いので途中のキダー・バトルは割愛してるそうだ。

・『COME ALONG 3』
1979年に『COME ALONG』という企画ものをリリースしたが、もともとはレコード・ショップでの店頭用に作られたプロモ・レコードだった。小林克也さんのナレーションをバックにいわゆるラジオDJという体裁で作ったものだった。反響が大きくカセットテープで販売した後、達郎さんがレーベルを離れた頃にレコードやCD、果ては『COME ALONG II』という非公認のものまで作られた。このほど会社が『COME ALONG 3』という企画を出し8月2日発売されることになった。実に33年ぶりの続編。『COME ALONG』と『COME ALONG II』はRCA、現BMGのカタログを中心にしていたが、今回はMOONとWARNERのカタログからセレクト。DJはもちろん小林克也さん、ジャケットのイラストは鈴木英人さんという全く同じ仕様で届けられる。詳しくはワーナーの山下達郎特設サイトにて。
http://wmg.jp/tatsuro/

・NIGHT IN WHITE SATIN
2016年9月10日に六本木EXシアターで行われた難波弘之さんの「難波弘之 鍵盤生活40周年記念ライブ~一生鍵命~」から「NIGHT IN WHITE SATIN」。この曲も難波弘之さんとセッションのときはいつも演る曲。ムーディー・ブルースの大ヒット・ソング。

・FOREVER MINE
2009年4月4日に東京エレクトロンホール宮城で行われたライヴから「FOREVER MINE」。4月の「山下達郎ライブスペシャル」でNEWSの増田貴久さんが「FOREVER MINE」をカヴァーしたことに触れて「私も負けずにFOREVER MINEのライヴ・ヴァージョンで」と2008年5月5日に浜離宮の朝日ホールで行われたライヴ・テイクをオンエアしたが、旧宮城県民会館のこちらのヴァージョンほうがテイクがいいそうだ。

■リクエスト・お便りの宛て先:
〒102-8080 東京FM
「山下達郎サンデー・ソングブック」係

2017年06月25日は、「雨の日の棚からひとつかみ」
http://www.tatsuro.co.jp
『ラジオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016.3.26 佐野元春 & THE CO... | トップ | Sunday Song Book #1289 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。