Sunday Song Book #1294

2017年07月30日 | Sunday Song Book

2017年07月30日プレイリスト
「納涼リクエスト大会」
1. CHEER UP! THE SUMMER ("COME ALONG 3" VERSION) / 山下達郎 "COME ALONG 3" 8月2日発売
2. SUMMER IN THE CITY / THE LOVIN' SPOONFUL '66
3. PIPELINE / THE SHANTAYS '62
4. SIDEWALK SURFIN' / ANNETTE "SINGS GOLDEN SURFIN' HITS" '65
5. YOU'RE NO GOOD / DEE DEE WARWICK '62
6. FALLEN / K.D.LANG "HYMS OF THE 49TH PARALLEL" '04
7. 色彩都市 / 大貫妙子 "クリシェ" '82
8. FLOWERS IN THE RAIN / THE MOVE '67
9. TELL THE TRUTH / THE WALKER BROTHERS '65
10. SOUTHBOUND #9 ("COME ALONG 3" VERSION) / 山下達郎 "COME ALONG 3" 8月2日発売
---------------------------------------------------
■内容の一部を抜粋
・近況
番組は超前倒しで収録とのこと。7月20日(木)、21日(金)の名古屋国際会議場センチュリーホール公演前の収録のようだ。先週はライヴがなくて今週からは九州から四国にわたる、今ツアーいちばんの飛び石の日程。7月31日(月)はアルカスSASEBO、8月2日(水)は佐賀市文化会館、8月4日(金)は香川のレクザムホール(旧香川県民ホール)。

・納涼リクエスト大会 Part.4
今週も引き続き毎年恒例の「納涼リクエスト大会」Part.4。

・CHEER UP! THE SUMMER("COME ALONG 3" VERSION)
昨年のシングル「CHEER UP! THE SUMMER」。『COME ALONG 3』はこの曲からはじまるので、リクエストが集まっているそうだ。
いよいよ今週8月2日発売の『COME ALONG 3』は達郎さんの企画ではなくて、レコード会社がかなりアウトラインを絞った段階で持ってきたという。そもそも『COME ALONG 1』と『COME ALONG 2』も達郎さんが言い出した企画ではなかったので、「そういうのもいいかなという。ツアーをやってる間にいろいろとやっていただけるという」と達郎さん。実に33年ぶりの『COME ALONG 3』。小林克也さんのDJをバックに山下達郎の曲をのっけて、いわゆるラジオDJ形式のノンストップDJという体裁で作ったもの。ジャケットのイラストは鈴木英人さんという全く同じ仕様で届けられる。今回はムーン、ワーナーのカタログで編成している。『COME ALONG 1』と『COME ALONG 2』も2017年リマスターで同時発売することに。詳しくはワーナーの山下達郎特設サイトにて。
http://wmg.jp/tatsuro/

・SUMMER IN THE CITY
ラヴィン・スプーンフルの「SUMMER IN THE CITY」は1966年の全米NO.1、ミリオンセラー。

・PIPELINE
夏はエレキだ、サーフィンだということでザ・シャンティーズの「PIPELINE」。1963年、全米3位。もともとは1962年の曲で日本では達郎さんの世代で知らない者はいない曲。ヴェンチャーズで有名だがこちらがオリジナル。

・いちばん好きなギター
リスナーから「達郎さんのいちばん好きなギターはどれですか? それと一年間に新しいギターの購入数はどれくらいですか?」という質問。
種類だと自分が使ってるフェンダーのテレキャスター。ギターはもう買わないそうで処分してるぐらいなのだとか。最低限使うもの以外は処分してしまったという。テレキャスターが4本と、あとアコースティック、ストラトキャスター、12弦、そんなところで全部で20本くらいあるとか。もう弾かないものは処分して断捨離に入ってるという。

・SIDEWALK SURFIN'
アネットの「SIDEWALK SURFIN'」。アネット・ファニチェロはディズニーに見初められてアイドルで売れた方。カリフォルニアなのでサーフィン・ソングをたくさん取り上げている。「SIDEWALK SURFIN'」はジャン&ディーンの1964年のヒットで、遡るとビーチボーイズの「CATCH A WAVE」の曲に歌詞を違えてジャン&ディーンがリリース。それをさらにアネットがカヴァーした。アネットは1965年のレコーディング。
曲をかけ終えて。
「左側のレッキング・クルーはハル・ブレインだからいいんですけれど、右側のヴォーカル・グループが垢抜けないというか、まぁ、これもご愛敬でございますから。これがビーチボーイズだったら(笑)、今聴いても鑑賞に堪えるんですけれども。そんなとこ、ひとつでですね、普遍性が変わってしまう」と達郎さん。

・YOU'RE NO GOOD
リンダ・ロンシュタットの「YOU'RE NO GOOD」のオリジナルにリクエスト。最初のレコーディングはディー・ディー・ワーウィック(1962年)で、プロデュースド・バイ・ジェリー・リーバ&マイク・ストーラー。その直後にベティ・エペレットがレコーディングして、こちらのほうがヒットした。ディー・ディー・ワーウィックはディオンヌ・ワーウィックの妹さん。

・好きなSF映画は
リスナーから「山下さんが好きなSF映画は何でしょう? リドリー・スコットの『エイリアン』のようなグロテスクなものは大丈夫ですか?」という質問。
『2001年宇宙の旅』で、回数を観てるとか。テアトル東京の封切にも行ったという。リドリー・スコットの『エイリアン』も封切りで観たそうだ。

・FALLEN
k.d. langの「FALLEN」は2004年のカナダ出身のシンガー・ソングライターの作品を取り上げたアルバム『hymns of the 49th parallel』に収録されている。その中から若手のロン・セクスミスの作品。「こういう曲好きなんですよね、僕ね。素晴らしい」と達郎さん。ちょうどこの頃に来日公演があり達郎さんは観に行ったという。

・今後の予定
来月も引き続き「納涼リクエスト大会」を続け、8月20日(日)、27日(日)は毎年恒例の竹内まりやさんをゲストに「納涼夫婦放談」。前倒しで収録するかもしれないのでお早目にお便り、リクエストをいただけるとありがたいとか。

・ニュー・シングル「REBORN」
9月23日公開の映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』。原作は東野圭吾さんのベストセラー小説。この主題歌を達郎さんが書き下ろした。タイトルは「REBORN」。「カップリングを考えておりますが、たくさん入れようという計画です」と達郎さん。詳しくはワーナーの山下達郎特設サイトにて。
http://wmg.jp/tatsuro/

・氣志團万博2017
8月末まで続くツアーの後に一本だけ夏フェスに出演することになった。千葉県・袖ケ浦海浜公園にて9月16日(土)、17日(日)に開催される「氣志團万博2017」の9月17日(日)に出演。「その日は岡村靖幸さん、KICK THE CAN CREW、ゴールデンボンバー、米米CLUB、ユニコーン、UNISON SQUARE GARDEN。いろんな方が出ます。がんばってやってみたいと思います(笑)。最年長かよ。そういう年になってしまいましたね(泣)」と達郎さん。
http://www.kishidanbanpaku.com

・コーヒー
某コーヒー・チェーンに勤めるリスナーから「この間(7月2日放送)の質問でビールとコーヒーの質問がありましたが、コーヒーについてご回答がありませんでした。どうしてお召し上がりにならないのか、是非お聞きしたいです」というお便り。
「大体いただいたお便り、半分しか答えてないとか多いんですね、私。後悔すんですけど。私の母親がですね、コーヒーは体に毒だからつうって、小学校卒業するまで全く飲ましてくれなかったんです。中学になって喫茶店連れて行かれて、コーヒーだって言われたのがちっとも旨くなかったんです。ですのでコーヒー嫌いになりました。最近みたいにちゃんとしたコーヒー淹れてもらえると飲めるようになりますが(笑)、一頃はコーヒーを全く飲まない人間でありました。サクランボはだめだ、サクランボは赤痢になる。バナナは台湾バナナ、コレラ、そういう時代ですからね、そうするとだめだと言われると食べられなくなる。そんなような、今は大丈夫ですけど(笑)」と達郎さん。

・色彩都市
大貫妙子さんの1982年のアルバム『クリシェ』の中から「色彩都市」にリクエスト。「坂本くんのアレンジが素晴らしい。自分でドラム叩いているという」と達郎さん。

・FLOWERS IN THE RAIN
リクエストは「ザ・ムーブで何か」。ザ・ムーブはロイ・ウッドとジェフ・リンのグループ。達郎さんが選曲したのは1967年の全英2位「FLOWERS IN THE RAIN」。

・TELL THE TRUTH
「ザ・ウォーカー・ブラザーズの曲の中で達郎さんの好きな一曲」というリクエスト。達郎さんがいちばん最初に買ったアルバムがウォーカー・ブラザーズの『太陽はもう輝かない』の日本盤。それは日本だけの編集盤でその中に入ってた「TELL THE TRUTH」(1965年)。ライチャス・ブラザーズ・テイストの曲でジョン・ウォーカーとスコット・ウォーカーの掛け合いが素晴らしい。もともとはレイ・チャールズのカヴァー。さらにそれがファイブ・ロイヤルズがオリジナルだったということにたどり着くまで十数年かかったという。

・SOUTHBOUND #9
今週8月2日発売の『COME ALONG 3』から「SOUTHBOUND #9」。

■リクエスト・お便りの宛て先:
〒102-8080 東京FM
「山下達郎サンデー・ソングブック」係

2017年08月06日は、引き続き「納涼リクエスト大会」
http://www.tatsuro.co.jp
『ラジオ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Sunday Song Book #1293 | トップ | Sunday Song Book #1295 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Sunday Song Book」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。