大阪で坊主をしています。

大阪で坊主をしています。です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

そのうえお墓の形態も最近は多種多様で古くは決められた形状のものでしたがここ最近は洋風化された…。

2017-01-25 18:00:05 | 日記

そのうえお墓の形態も最近は多種多様で古くは決められた形状のものでしたがここ最近は洋風化された、墓石が多くなっているようですし、制限のない形状にする方々も、多数存在されます。
一昔前はお墓とされるものは薄気味悪い実像がしていましたが、只今は公園墓地のような快活な墓園が本筋です。
別れの刻では各位により故人と一緒にお花などを一緒にいれて、仏とのエンディングの別れをしてもらい、火葬場へ行きます。
古くから地域密着という葬祭業者が多いと言われていますがここ数年は花の祭壇がお勧めの生野区 葬儀社 ファミリーホール絆など、各々の特徴をいかした、葬儀会社もいます。
だけど現代は火葬式や密葬・生野区 葬儀社 ファミリーホール絆の家族葬を選ぶ家族も増加中ですので最後の時は一番好きな場所でと、自宅を選択する方も多いようです。

それはそれで弔辞を述べるご本人にしたら肩に力が入ることですから式の流れに盛り込まれるんであれば、早いうちに相談するようにして、合意を得るように動きましょう。
今までは通夜は故人の近い関係の人が夜明かし死者の傍にいてというのが慣習でしたが、昨今は参列者をお呼びして通夜を執り行い、2時間程度で閉式するのが通常です。
とてつもない祭壇色々なお寺の住職たくさんの会葬者を集めた葬儀としても、冷え冷えとした空気だけが残る葬式もあるし、歴史あるお寺に荘厳なお墓を建てようが、供養をする人が存在しないお墓もある。
普遍的に我々は『法事』と聞かされていますが、シビアに言うと、お寺の住職にお経を読みいただくことを「法要」と言いますので、法要と偲ぶ会も含んだ仏事を『法事』と言われています。
火葬にあたる仕事をする人は江戸時代からお寺の住職が人々の中に入り込み道端に捨てられた死体を収集し、供養して火葬したことがきっかけとして、坊主と呼ばれたのだろう。

祖先に対しての供養という事で親族で実施する方が、ベストですが、色々な都合で、やれない時は、お寺に連絡を取り、卒塔婆を立てる供養に限り、委任する事もあります。
古来から親族の手で施工することがポピュラーだった普遍的だった遺品整理ですが、忙しかったり、遺品整理する場所が遠離だったり、近しい人では行えないのが現実です。
大阪生野の病院で亡くなった事例の時は2〜3時間以内に生野区 葬儀社 ファミリーホール絆を選考しさらに当日内に2〜3か月分の金額の、購入をすることになります。
死没者の家の整理掃除、屑の事後処理とかの遺品生理は、従来親族の方の牛耳るという意識が通説でした。
親族代表は通夜式・葬儀式の実務的な面での責任者となり広い範囲の働きとしてはご参加いただいた方への挨拶、等が考えられます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お仏壇とはイメージ通り仏様... | トップ | お別れの時では皆様方により... »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL