人生の裏側

人生は思われた通りでは無い。
人生の裏側の扉が開かれた時、貴方の知らない自分、世界が見えてくる・・・

ありふれた言葉の中に

2018-01-14 10:53:43 | 雑感
神を信じる
自分を信じる
愛を受け入れる
心を平安に...

精神的な道には、このようにもう聞き飽きたような、ありふれた言葉で溢れかえっていますね。
いい加減「もう、分かった、分かった」てなりますよね。
で、何か実用性、速効性がありそうな、ありふれたものでない、特別な教えとか修行法だとかに頼ろうとするのです。
そういうものに依存しながら「神を信じなければ、自分を信じなければならない」とか、"そう言われているから"という理由で、考えをそっちにアダプトしようとするのです。
"自分を信じ、自立しよう"という教えに依存するのです(笑)
そうしてずっと、観念によるヴァーチャルな世界が構築されていくのです。
神であれ、悟りの境地であれ目指しているものと、自分自身との間にどこか乖離が感じられてなりません。
どこまでも思い描いていたり、眺めているような感じで、自分と教えなりメソッドとが二つになっているのです。
言い換えるとちっとも現実に神を、自分を信じるということが出来ないのです。
神というのは、誰かが説いている概念、イメージにすぎません。
"本当の自分"、"悟りの世界"ということも同じです。
これは現実に則していないということで、要するに自分自身に則していないのです。
(自分の意識の有り様次第によっては、ある教えもメソッドも助けになることもありますので、それ自体を否定している訳ではありません)
巷にありふれた言葉を本当に、ホントーに自分自身の言葉として向き直ってみると...(それは私がそう言っているからでなく、本当に自分がそう感じなければ始まって来ないことですが)全く思われたものでない、リアルなスピリチュアリティが開かれるかもしれません。
神とは自分にとってどういうものなのか? 人がそう言っている"神という概念でない神"...それは全くもってあなた自身の神に他ならないでしょう。
"現実にこの私に生きて働くことの無い神が一体何になろうかi"
"それ以外の別の何かには頼らない、信じないi"
現実にこういったことを思い浮かべ、意識的になることが出来ますか? (これは先の思い描いたような、ヴァーチャルな信仰を逆手に取ったような表現なのですが ...)
アリアリとそうなれる人は、既に自分の中に神が生きているのかもしれません。
そしてその自分自身が生き生きと感じられるに違いありません。
又幸福、愛、平安...すべてが相則していることが分かるでしょう。
神も自分もそうしたものも切り離されていないのです。
"神を信じる"という、曰く言い難いことなので、シンプルにこのようにありふれた言葉で語られる事態が、現実に即したものになれば、"分かったつもり"になどなっておれないでしょう。
神を信じるということは、信じざるを得ないものに直面することなのですi
イロイロと趣向を凝らした、教えやメソッドなんかで頭を悩ますよりも、ありふれたような言葉、現実に幸福や平安が見つかるのではないでしょうか?




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去は思われたものではない | トップ | 夢と現実の狭間に »

コメントを投稿

雑感」カテゴリの最新記事