人生の裏側

人生は思われた通りでは無い。
人生の裏側の扉が開かれた時、貴方の知らない自分、世界が見えてくる・・・

多くの個人的なスピリチュアル

2016-10-18 19:04:14 | 雑感
カリスマ・ブロガーAさんは、”ランキングのことなどどっちでもいいよん…”なんてフリして、結構その常にブログ・ランキングの上位に君臨していることを強調していました。(笑)
彼はなんでも多くの人に真理を伝えたくて、発信しているらしいです。
”多くの”…不特定多数?…如何にも芸能タレントとかそのプロデューサーみたいな物言いです。
私にしたら全く雲上のはるか彼方、別世界の話ですが、私も一応はこうしたことに足を突っ込んでいる以上、人様に何かを伝えたいという気持ちは持っていますが、正直そんなに目指すところが違うとは思いませんでした。
私が書いているのは、そうですね…”自分のノートに書いている”ようなレベルのものです!(悪いか!)
”全然反響が無くてもへーき”、何て言ったらウソになりますが、たった一人でも共感して下さる方が居たら、書き続けたいという気持ちはホントです。そりゃ一人でも二人でも共感してくれればうれしいですけど、”多くの人のために”なんてことは全く思ったことも無いです。
それにしてもAさん(最近は”O嬢”とのコラボの話はトンと聞かないが…どうしたのだろう…どうでもいいが…)が日ごろ語っていることって、ホントに多くの人に伝わっちゃう話なんですかね?…だからこそキングの座も間近だってことなんですか?
そろそろノンデュアリティの看板もはずされるかも分かりませんが、あれがホントにメジャーな世界、大衆に浸透してしまったら…
”警察の取調室で尋問中のやり取り…「お前がやったんだな、白状しろ!」
「私は居ません!」
供述…「それはストーリー、起こることが起きるだけ…」”
こんなことが現実に行われたら…世界は終了、間違い無し!です。
より多くの人たち~大衆に向けて伝道するのは宗教のプロバガンダなどの話です。
だからといって、別に私は一般多数に向けて、何かを伝えようとすること自体が悪いことだと決めつけるつもりはありません。
そういう役目の人というのも確かに居ます。そういう持って生まれたオーラみたいなので、どういう訳か多くの人間の関心を集めちゃう人。Aさんなどはそういう人なのかもわかりません。このような人はある流行に火を付けたり、また消し去ったりします。(追従する人はご苦労さんなことです)
ノンデュアリティなどが流行しちゃうのは、かつてのサルトルの実存哲学の流行以上の珍現象ですが、どうなりますことやら…
メジャー指向の人というのは、良くも悪くもある時代の兆候というか、一般多数の人間にそれとなーくその時機にもたげ出している、例えばスピ界のある傾向などのイメージを植えつけたりしているのです。だけど、それは私やあなたという具体的な人格でない、一般多数のマス精神のことなので、どこに行くのか、導かれるのか分かりません。気が付けば”ハイル・ヒットラー!”になってしまうような話です。
実は一般多数の精神などというのは、どこにも実在していないバーチャル精神なのですが、これが現世の”数が多いもん勝ち”のようなコモン・センスを作り出しているのです。
こういう多数相手に、到底一般向きと思えないような語り口で、一体何を伝えようとしているのだろう、と感じてしまうのですが…
でも、一方ではその中にも巷の流行とか世の人の声とかバーチャルなものなどに関わっていられなくなって、意識が一歩深部に踏み込むような人も現れて来たりします。不特定にばらまかれた種も、どこで発芽し出すか分からないものです。
こういう事は、どっかの誰かじゃない、私であり、あなたである具体的人間にしか起こらないものです。
あなたが見て、感じて、味わう事が全てなのです。
よく考えてみれば、こういう事は自分のノートに書いているような話じゃないですか!
誰もが皆そうなのです。どっかに多くの人とか、一般人が居る訳じゃない、人間というのはあなたと私しか居ないのではないでしょうか?
この役に立たないブログもどこでどう読まれているのか知る由もありませんが、どの人の表現もそうであるように、一つのサンプルに過ぎないのです。

















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日常とスピリチュアル | トップ | 思いは消えて行く »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。