人生の裏側

人生は思われた通りでは無い。
人生の裏側の扉が開かれた時、貴方の知らない自分、世界が見えてくる・・・

表と裏の接点

2017-04-29 10:41:56 | 祈りと瞑想
ゴールデンウイークに突入しました。
私は早速あっちに参入…。
ああ…もう今朝からのこのジンジン…これをどう言い表したらいいのでしょうか…これなくしてこのブログそのものは成立しません。
これはまさに人生の裏側との接点になるものなのですから…
何回も書いてますが、特別なやり方があるわけじゃありません。何もしないと言えば何もしません。
意識を向けるというか、意識する…意識しちゃうのです! 私が一体何をしたか!
どういう事を意識するか…それは決まってません。こないだ新たなアクセス・ポイントが見つかりました。(こういう言い方はホントはオカシイ…パッと意識されるだけなんですから…)それは”耳鳴り”です。
これは私が”身に覚える”と言っているものに含まれている…それが伴ってあるからです。
伴ってあるものすべてからアクセス出来ます。この秘伝、堂々と皆伝しているのですが、伝わる? 伝わらない?
純粋に感覚的な事ですからね。言葉にどうしても置き換えられないだけなのです。
ラティハンとか整体運動とかやっている人、あるいはサマーディとか覚醒に預かった人なら分かるでしょう。
内的感覚、ヴァイブレーション…身に覚えあるでしょ?
だから特別なやり方無しでいつでも、どこでもオンになり、始められるのです。
身に覚えるというのは心の記憶ではありません。精神誘導とか暗示とも全く違う、あれは精神を意念で用いているのです。
ずっと内部で息づいているものがパッと意識されてパッと”おおっ…”となるまでです。
こういう風になるには、一度この”おおっ”というのを実感されることが不可欠です。
といっても、それは修行などで開発したり、そういうレベルに到達するようなものじゃありません。元々我々にあるものが発現されるまでです。
行為とか思考とか後天的な事を超えた無為的なハタラキに預かるということです。
ほとんど我々が意識せずに日常的にやらされている、アクビとか寝がえりとかはその表れの一つなのですが、それが心身、全身全霊的なものに及ぶものであれば、どうしたって意識に刻印され、後は時空を超えたファイルにメモリーされ、いつでもオンになる次第なのです。
私の場合、あることから必死の想いで祈りをさせられているうちに、意識が飛びそうになってしまったのが発端で、そこで思考機能がマヒしたのですが、やがてそこに平安をもたらすハタラキが見えざる導きと共に実感された事を覚えているのです。
祈りというのは、最初は人為的なものであっても、意識が自分を超えた神的なものに向けられ、いつのまにか祈りをする自分が消えて、祈らされるという感じになったりします。
私はそこに浄土系仏教で言われる本願というものを感じずに居れません。
祈ろうと思い立つという事自体からして、そういうものに促されているのではないでしょうか?
やろうとしている自己以前にそう呼び覚ましているものがある。
人は祈ったり、瞑想したりして自己の本源につながろうとします。だが、この本願的なものこそが、”つながってくれい”と願っているのではないですか
人為的なもの、表側世界は無為的なもの、裏側の世界には無自覚なままです。
だが表のことは、裏にあるものによってことごとく覚えられているのです。
これを今、ジンジン、ビンビンと感じ入っている次第なのです。
身に覚えていることは、まさにこの接点にある所以でしょう。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 耳鳴りのこと | トップ | お話になる話 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。