人生の裏側

人生は思われた通りでは無い。
人生の裏側の扉が開かれた時、貴方の知らない自分、世界が見えてくる・・・

我々と彼ら

2016-11-05 22:56:59 | 詩的文章
世の中、他人は我々のことなど何も分からない
一体何を知っていると言うのだ
我々も世の中のことなど知ったこっちゃない
我々は世の中のために生きちゃいない
だから…
我々のことは放っといてもらいたい!
何が流行っていて、時代に遅れるとか
何が実用的で、役に立つとか
何の教えが優れているとか、次元が高いとか
スピだのはやめて、自分の力で生きましょうとか
どこの誰だか知らないが…
彼らは我々とは縁も所縁も無い!
彼らは我々を生きてないのだ!
彼らは我々にはなれないのだ!

熱い血潮と共にある感情というものは、
言葉で説明して、”そんなものです”
何て事で済んじゃうわけにゃいかないよ!
一リットルの涙の訳も知らないくせに
他人の出る幕などありゃしない
彼らは皆第三人称…
当事者のフリしたどっかの人たち
”ああしましょう、こうしましょう”
”信じましょう、信じるのはやめましょう”
年がら年中、ヒマ人たちのモタモタ走りの宣伝カー
何かを煽ったつもりのスピ-カー
何回、同じところを回れば気が済むのか…
第三者には第三者しかなびきゃしない
第三帝国、第三インターナショナル…

我々は一人称で生きている
我々の世界の主体
移ろいゆく世の中に流されてはいない
どんなに仮初なことでも、無駄なように思えても、
一瞬、一瞬が生きる証
絶対にどっかの誰かとは取り換えなどきかないのだ
我々はどっかにはいない…ここに居る
我々…
あなたと私…














































ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 静坐法と礼拝 | トップ | コンコードの哲人エマソン »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。