人生の裏側

人生は思われた通りでは無い。
人生の裏側の扉が開かれた時、貴方の知らない自分、世界が見えてくる・・・

ボブ・ディランはいつ出る

2016-10-15 11:15:27 | 映画・音楽など
僕の世界が一挙に開かれた小2の頃、耳に残っているメロディ…
「風に吹かれて」
反戦だの、プロテストソングだの何のことだか分かりゃしない
そよ風に浸っているような美しいハーモニーだった…
歌ってるのは、PPMだって…
作者のことは全く知らない
その暮、ヒットチャートを独占していたビートルズに待ったを掛けたのは…
「朝日の当たる家」
あるアメリカのフォーク歌手の持ち歌だとか…
ジ・アニマルズ…ストーンズより早くブレークしたブルー・アイド・ソウル…
ミックもたじろぐ熱いヴォーカル…
だが、エリック・バードンはジャガーになれなかった…
時代は変わる…
みんな自分たちで曲を作り出していた…売れるのは”おりじなりちい”の時代の到来
一体、誰がやり始めたのだろう…

ボブ・ディランはいつ出てくるのだろう…

中2の頃、初めてニュー・ミュージック・マガジン(音楽雑誌)を読んでみた…
「ロック界のビッグ・スリー…ビートルズ、ストーンズ、ボブ・ディラン…」
ディランって一体誰だ?…そんな大御所なの?
そんな折、ラジオで初めて聴いたディラン…
何だか岡林信康とか吉田拓郎みたいな歌い方だなあ…
気が付けば…日本でも欧米でも色んな歌手があんな風に語るように歌っている…
これがロックの歌ってもんなのか…
一体、誰がやり始めたのだろう…

ボブ・ディランはいつ出てくるのだろう…

高2の夏、僕は子供の落書きのようなジャケットのレコード(ザ・バンド/ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク)を毎日聴いていた…

”光が僕に差し込んで来る
西から東へと
今にも僕は救われるんだ…” (アイ・シャール・ビー・リリースト)

かすれるような声が胸を締め付けるようだ
歌っているのは…リチャード・マニュエル(ザ・バンド)
作者は…あのジャケットを描いたのは…

ボブ・ディランはいつ出てくるのだろう…

これはいい…早速僕のカラオケのレパートリーにしよう…
で、数日後…な、何…
ノーベル文学賞受賞!
”ローリング・サンダー”のような晴天の霹靂!
テレビではプロテスト・シンガー時代の映像ばかり…ディランの亡霊みたいだ
ディランにとって、とっくの昔に…”全ては終わった”(イッツ・オール・オーヴァー・ナウ、ベイビー・ブルー)というのに…

”あの時は老いぼれていたけど、今はもっと若い” (マイ・バック・ページス)

僕は初めてディランに会えたような気がする…
それにしても…

ボブ・ディランはいつ出てくるのだろう…












ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ”しこう”への道 | トップ | 日常とスピリチュアル »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。