そよ風♪のさんぽ道

定年退職した夫との二人暮らしのあれこれ

片頭痛はツライ。。。

2017年05月16日 | 私の健康のこと
私は長年の片頭痛持ちです。

夫と結婚するまでは、頭痛は一度も
経験した事がありませんでした。

結婚後、数年してからず~~とで
もう持病化しています。
絶対、夫の実家に対するストレスが
一番大きい原因だと思います。

頭痛は60歳を過ぎると、8割の人が治るらしいですが、
私は治らない2割に入っているようです。

頭痛は脳の血管が広がって、周りの痛みの神経を
圧迫して起るらしいです。
血管が老化すると、血管が固くなり膨らまなくなり
よって周りに影響しなくなり、頭痛が起きなく
なるらしいです。

でも、私の血管は柔軟性があるのか、
歳取っても膨らんでいるようです。

一見柔軟性があるという事は、若い血管で
良い事みたいですが、頭痛が起きている間、
脳はダメージを受けているわけです。
私は何だか認知になりそうで恐いです。

それで、心配で脳トレの本を良く買うのです。
(でも、買っても実際はほとんど使っていません。
買ったらもう頭が良くなっている気になって。
もう少し、認知がおかしくなって来たら使おうと、
本棚に置いてあるだけです)

それと、めまいがする時もあります。
こちらは、以前は寝込むほどでしたが、
今はエレベーターに乗った時のように
ふぁ~~とする程度に落ち着きました。

今までに余りに頭痛がひどくて、
脳のCTを3回しました。

そして、閃輝暗点が余りに頻繁に出るので、
脳のMRIを昨年しました。

閃輝暗点(せんきあんてん)とは、頭痛の前兆現象で、
突然、目にギザギザの光った物が見えます。
私の場合は20分位で視野から消え、
その後、頭痛になる時とならない時があります。

それと、物忘れがひどくて、認知症のテストを
1回受けた事があります。

幸い、脳は隠れ脳梗塞が3個ばかりありましたが、
歳相応の脳らしいです。
物忘れも老化からのようでした。

それで、こんな本を買ってあります。


それと欠かせないのが頭痛薬。
クーポンが使える割引の時に
お店で買っています。

(以前は医者で片頭痛薬のトリプタン製剤を
出してもらっていましたが、余り効きませんでした)

そして、片頭痛が起ると、風呂に入らず、
暗い部屋で頭を冷やして寝込んでいます。
吐き気が起きる時もあります。

ツライ片頭痛に、これからも付き合って行かなくては
ならないと思うと気が滅入ります。

頭痛さえなかったら、
もっと人生楽しめていたのに。。。



お読み下さり ありがとうございました。
どちらかをクリックして頂くと、嬉しいです。




ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« また、よろしくお願いします。 | トップ | スーパーで、ムカついた <(... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む