まんまるログ

われ思う…もの思う。
書き‥書けば‥書くとき‥頭の中に風が吹く。








韓流‥王の運命

2017年05月17日 | 日記&映画
Gwは終盤にお客様が来て、Y村に行くという。
何が何でも行きたいという気迫。
輪島市のY村R寺(お寺)に家族と客人込みで押しかけた。
七尾市も輪島市も時節‥ホテル&民宿は満室。

村の住民、陶芸家のM氏は窯焚きで大忙し、寺の老師は勉強会の講師、30人以上の客人でテントも張られている。

いや なかなかの繁忙期のY村。
氏の家がなかったら日帰りか‥野宿か‥車中泊。
村にとっては例年の行事とはいえ、招かれざる者としては、冷や汗が出るところ。

暇人の私とは違い、休みに動くしか出来ない多忙な人々は貪欲で活力が違う。
初めてのY村を身体全体で吸収しているF氏とAさん。
場馴れしている両人は楽しんでいた。
空間と人間力との出会い。
氏‥毎度お世話になります。
助けられています。
有難う。
 《GWに花を咲かせていたチューリップは今日は茎のみ》
花の命は短いという当たり前の事が侘びしい。

TUTAYAに行ってきた。
ひと頃の人気と勢いはないが、いまだ根強いファンを誇る韓国ドラマ。

メディア露出が少ないだけで‥むしろ視聴者は増えているという声も聞こえる。
レンタルDVDのコーナーも益益々々の広がりを見せるばかり。
時代劇が好きなので楽しみでもある。

 映画《王の運命》

18世紀の朝鮮王朝を舞台に、第21代王・英祖とその息子・思悼との確執を描く。

国民的俳優ソン・ガンホが(英祖)を演じる。
実話である米櫃事件は、大義と名分のみを重んじる李朝の理不尽があくなく出ている。
米櫃に閉じ込められて殺される王の息子‥思悼世子はユ・アインが熱演。
全編を流れる音楽も胸に沁みる。
韓国史の知識がなくても面白くみられると思う。

この映画を見た後、続けてドラマ《秘密の扉》を見ることになった。

こちらは名優ハン・ソッキョと好漢イ・ジェフンが悲劇の親子を演じている。

父が息子を殺すことになる経緯が、緻密に丁寧に描かれている。

李朝は520年余り‥世界史上有数の長寿王国だ。

儒教(朱子学)が国宝‥国の根っこであった。
知識人たちが進んでそうしたのではなく、国家が官学としてそれを定めた。
それを学ぶ以外に官史になる道がなかった。
朱子(朱子学の祖)が悪いわけではない。
制度がそうであった為、やむをえないことであった。
この屁理屈のような学問‥司馬遼太郎氏がおっしゃっている。
官僚たちは消耗し、政治の党争が常に表面化してくる。
そのたびに儒者が処刑され、廷臣は流罪にされ、王族は毒を飲む。
慢性病のような時代。

米櫃に八日間閉じ込められて思悼世子(サドセジャ)は息子の為に死んだ。

優れた建設技術や新しい文化の導入‥朝鮮末期文化の華を開かせた英邁な君主。
ハングルを創造した世宗大王(李氏朝鮮第4代国王)と並ぶ好学の王としての誉れ高い22代国王。
正祖‥イ・サンが息子の名前だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アスペルガーの春 | トップ | 弁護人‥アジアの底力   »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。